仕事をする2人と、浮かび上がる複数の図表イメージ

使わなきゃ損!?YouTubeアナリティクスを基礎から解説!

仕事をする2人と、浮かび上がる複数の図表イメージ

YouTubeチャンネルを運営する上で非常に重要なYouTubeアナリティクスを利用していますか?アナリティクスのどの指標に重点を置いていますか?現状の課題は何か分かりますか?またどういう解決方法がありますか?この質問にすぐに答えることができないのであれば、この記事が必ず役に立つはずです。

今回はYouTubeアナリティクスの機能を、一度も利用したことがない方向けに分かりやすく解説していきます。この記事を最後まで見ることで、YouTubeアナリティクスとは何なのか?どんな機能があるのか?と言った基礎的なことから、正しい使い方の手順と実践的な分析方法まで詳細に知ることができます。YouTubeチャンネルを成長させていくにはYouTubeアナリティクスを使用しないという選択肢はないので、ぜひ参考にしてください。

YouTubeアナリティクスとは?

クエスチョンマークの印字された木のブロック

そもそもYouTubeアナリティクスとは何かというと、YouTubeを運営しているGoogleがチャンネル運営者に向けて提供している分析ツールのことで、YouTubeチャンネルを持っているアカウントであれば無料で利用することができます。Googleが提供しているアナリティクスで有名なツールでは、Webサイトのデータを分析することができるGoogleアナリティクスなどがあり、YouTubeの場合も同様に、チャンネルのデータ分析を行うことができます。

YouTubeは近年成長が著しい市場ですが、古くからあるWebサイトとは違い、YouTube市場にはまだまだ成功法則が確率されていません。YouTubeを運営しているGoogleのアルゴリズムによって、再生されやすい動画とそうでない動画が振り分けられています。]

Googleのアルゴリズムは公開されていないので「これをすれば確実に再生される動画にすることができる!」なんて要素はありませんが、YouTubeアナリティクスの指標を細かく分析することで、どういった動画が再生されやすいのかを予測することができます。ひと昔前であれば特に分析を行わなくてもチャンネル登録者数をある程度伸ばすことはできましたが、現在のYouTube市場はかなり大きくなっており、市場参入者数も当然多くなっています。

現在の市場でYouTubeチャンネルを成長させるには、確かなターゲティングとチャンネル分析を継続的に行って、日々改善していかなければなりません。YouTubeアナリティクスを利用せずにチャンネルを改善しようと思うと、推測で闇雲に施策を行うことになり、かなり非効率です。チャンネルを成長させることは、不可能に近いと言えます。以下で解説するアナリティクスの機能を使いながら分析していきましょう。

YouTubeアナリティクスの機能

パソコンを操作する人と、浮かび上がる図表イメージ

YouTubeアナリティクスの機能で確認することができる指標は大きく分けると以下の通りです。

  • 視聴ユーザーごとの動画再生回数
  • 動画ごとの視聴者維持率
  • 動画埋め込み箇所、被リンク
  • 関連動画からの流入数
  • チャンネル登録者数

などを数クリックで確認することができ、公開したばかりの動画もすぐにアナリティクス画面に反映されて、分析を行うことが可能です。細かい分析方法は記事終盤で解説するので、ここではそれぞれどういった機能なのかを解説していきます。

視聴ユーザーごとの動画再生回数

動画がどんなユーザーに何回再生されたかを調べることができます。ユーザーごとにどのくらい再生されたかを確認できます。どこからの流入が多いのか、どの動画が最も再生されているかなど重要な情報を得ることができます。

動画ごとの視聴者維持率

視聴者維持率とは、動画全体の何%まで平均で再生されたかを表しており、この数値が高いほど視聴者が最後まで見ている質の高い動画であると言えます。

再生場所

再生場所とは、文字通り、公開した動画がどこで再生されているかを確認できる項目です。外部サイトに埋め込まれた動画が再生されたのか、YouTubeチャンネル上の動画が再生されたのかなど、動画の再生場所を確認することで、再生場所別の対策を講じることも可能になります。

動画埋め込み箇所、被リンク

動画埋め込み箇所、被リンクとは、公開した動画が共有されている数やリンクの掲載数を確認することができます。被リンクの多い動画はWebサイトの場合と同様に、役立つ質の高い動画であると判断されます。

関連動画からの流入数

公開した動画が関連動画に掲載されているか、どの関連動画から流入しているのかを確認することができます。チャンネルを伸ばす上で、有名チャンネルの関連動画に乗ることが非常に重要になるので、必ずチェックすべき項目です。

チャンネル登録者数

最後にチャンネル登録者数は期間別に表示して、チャンネル登録者数の伸び具合や、性別や年齢を確認することができます。登録者が少ない状態ではあまりデータが取れませんが、多くなってくると登録者に傾向が見られる様になり、動画に活かすことができる様になります。

YouTubeアナリティクスの使い方手順

ビジネスマンがチェックボックスを指差す様子

ここからはYouTubeアナリティクスの使い方の手順を分かりやすく紹介していきます。まだ使ったことがないという方も以下の手順で行えばあらゆる指標を確認することができる様になれます。

まずYouTubeアナリティクスを起動する手順は以下の通りです。

  1. プロフィールアイコンから「YouTube Studio」を選択
  2. YouTube Studioメニュー左側の「アナリティクス」を選択

簡単ですね。これですぐにYouTubeアナリティクス画面を表示することができます。アナリティクス画面の使い方を項目順に解説していきます。

概要

概要ではチャンネル全体の視聴回数、総再生時間などを期間毎に確認することができます。リアルタイムの視聴回数も確認できます。動画毎の詳細なデータは確認することはできませんが、チャンネル全体で再生回数は伸びているのか、登録者数は伸びているのかをざっと把握することが可能です。また、概要画面下部ではチャンネル全体でよく再生されていて評価の高い上位10本の動画が表示されています。ここを見ることで人気のある動画の傾向を知ることができるのでチャンネル運営の方針を修正することができます。

リーチ

リーチでは動画全体のインプレッション数、インプレッションのクリック率(サムネイルのクリック率)、視聴回数、ユニーク視聴者数の4項目を期間毎に確認することができます。

リーチ画面下部ではインプレッションと総再生時間の関係とトラフィックソースを確認でき、インプレッション数から最終的に再生した正確な回数と再生時間を把握することが可能です。トラフィックソースはあなたのチャンネルに流入したアクセス元の詳細を確認することができます。表示されるアクセス元としては「YouTube検索」「関連動画」「ブラウジング機能」「外部」などの項目があります。それぞれの項目を選択すると詳細を確認することができ、YouTube検索であれば、YouTubeで検索されたワードの詳細が表示され、関連動画ではどの動画の関連に表示されたのかを知ることが可能です。

エンゲージメント

エンゲージメントでは総再生時間と平均視聴時間を期間毎に確認することができます。エンゲージメント画面下部では、チャンネルで人気の動画や終了画面で人気の動画、上位の再生リスト、人気の終了画面要素の種類、上位のカードを知ることができます。

視聴者

最後に視聴者では、ユニーク視聴者数と視聴数あたりの平均視聴回数、チャンネル登録者数を期間毎に確認することができます。視聴者画面下部では視聴者の内約を知ることが可能です。把握することができるのは、視聴者がYouTubeにアクセスしている時間帯、視聴者が再生した他の動画、上位の国、字幕の利用が上位の言語、年齢と性別です。

YouTubeアナリティクスの基本的な使い方は以上です。アナリティクスページを表示させることができたら【概要】【リーチ】【エンゲージメント】【視聴者】のそれぞれの項目を色々と設定を変更して表示させてみてください。実際に触ってみるとすぐに操作に慣れるはずです。

YouTubeアナリティクスを使った分析方法

パソコンとスマートフォンを見ながら図表を用いて分析する人

最後にYouTubeアナリティクスを使った分析方法を項目毎に解説していきます。

YouTubeの収益の仕組みに注目

YouTubeで再生されやすい動画がどんな動画かは正式には公表されていませんが、YouTubeの収益の仕組みを理解していれば、YouTubeがどんな動画を再生させるかを知ることができます。YouTubeの収益源はYouTubeに広告を出している企業から生まれているので、広告が表示されやすい動画が優遇されることが分かります。

広告が表示されやすい動画とは、以下の様な動画です。

  • 動画時間が10分以上
  • 視聴者維持率が高い
  • インプレッションのクリック率が高い(サムネイルのクリック率が高い)
  • チャンネル登録者数が多い

まず動画時間が10分以上の動画では広告を2つ以上動画内に掲載することができるので、必然的に広告が表示される可能性が高くなります。次に視聴者維持率の高い動画では、最後まで再生される可能性が高く、広告が表示されやすくなります。

また、インプレッションのクリック率が高い(サムネイルのクリック率が高い)動画は再生回数が多くなり、広告も多く表示されます。反対に低いと、YouTube画面上に動画を表示させても再生されないということになるので、検索順位の低下や関連動画に表示されなくなってしまいます。

最後にチャンネル登録者数が多いチャンネルの動画は、公開直後からの再生数の伸び率が非常に高く、短時間でたくさんの広告を表示することができます。このように広告が表示されやすい動画を作ることができれば、必然的に再生される動画にすることができ、チャンネル登録者も伸ばすことが可能です。

では次は、具体的にYouTubeアナリティクスを使った動画の分析方法を紹介していきます。

重要な指標 【視聴者維持率】

アナリティクスで最も重要な見るべき指標は【視聴者維持率】になります。まずYouTube Studioの左側メニューにある「動画」から、視聴者維持率を確認したい動画を選択します。そうしたら、左側メニューの「アナリティクス」を選択し、「エンゲージメント」から視聴者維持率を確認します。ここに表示されるグラフは、再生が開始された直後に最も視聴者維持率が低下して、その後緩やかに低下しているパターンが多いです。ユーザーは動画を再生した直後が最も離脱しやすく、反対に少し再生を維持することができると最後まで見てもらえる可能性が高くなります。なので、視聴者維持率の低い動画を確認して、動画前半にどんな動画構成で制作しているかを把握するようにしましょう。

また動画前半だけでなく、動画の途中で視聴者維持率が低下したポイントがある場合は、そのポイントに何か問題があるかもしれません。 視聴者維持率を各動画で確認するだけでも、再生されやすい良い動画にするために必要なことを知ることができるので、まずはこの項目からチェックしましょう。

上位表示を狙う 【インプレッションのクリック率】

次に大切な指標は【インプレッションのクリック率】です。インプレッションのクリック率が低いとYouTubeアルゴリズムによって上位に表示されにくい動画になってしまうので、クリック率の低い動画はクリック率が上がるようにサムネイルを変更するようにしましょう。

クリックされるサムネイルにすることができれば、YouTube検索で上位に表示されやすくもなりますし、関連動画で表示された場合も再生されやすくなります。

流入経路を確認する 【トラフィックソース】

最後に確認するべき指標は【トラフィックソース】です。トラフィックソースでは動画に流入する経路を確認することができるので、あなたの動画がどこから再生されているかをチェックしましょう。

「YouTube検索」「関連動画」「ブラウジング機能」「外部サイト」など流入経路がいくつかありますが、特に重要な項目はブラウジング機能と関連動画です。ブラウジング機能とは、ユーザーが過去に再生した動画や検索したワードなどから興味のある動画をホーム画面に表示する機能で、ここに動画を表示させることができると再生数を大きく稼ぐことができます。

ブラウジング機能からの流入を増やすには、視聴者維持率を高めたりインプレッションのクリック率を高める方法が有効です。視聴者維持率とインプレッションのクリック率を改善するように意識して動画を制作するだけでも、ブラウジング機能からの流入を増やすことにも繋がり、再生される動画にすることができるので、YouTubeアナリティクスを活用して、動画の改善を続けてみてください。

まとめ

パソコンとタブレットを操作する人と、浮かび上がる図表イメージ

今回はYouTubeチャンネルを運営しているなら必ず利用するべき大切な、YouTubeアナリティクスについて解説しました。YouTubeアナリティクスでデータを分析することで、現状のチャンネルの問題を見つけることができ、改善するべき項目を簡単に把握することができます。

また、思いがけず伸びている動画の傾向も知ることができるので、アナリティクスを確認するまで気づかなかった動画の需要も把握できます。YouTubeアナリティクスの使い方の手順と、確認するべき項目、分析方法を解説したので、ぜひこの記事を参考にして、あなたのチャンネルをチェックしてみてください。

WEBでのお問い合わせはこちら