複数のビジネスマンが、ノートパソコンとタブレットで仕事をしている様子

SEOにも効果的?VSEOの基礎から対策まで解説します!

複数のビジネスマンが、ノートパソコンとタブレットで仕事をしている様子

個人のブログから企業のホームページまで、インターネットという同じ土俵、同じ条件でアクセス数を期待するために、日々、検索エンジンについて情報収集と検索エンジン対策を行うことは非常に重要です。1人でも多くのユーザーに自身のページを見てもらうためには、「SEO対策(検索エンジン最適化)」を行うことは、今や当たり前と言っても過言ではないのです。

加えて、近年では、テキストのみで情報を伝える時代から、動画を用いて情報を伝える時代へと移り変わりつつあります。そんな中でも、近年注目を集めているのが「動画版SEO」と呼ばれる「VSEO」です。

今回は、VSEOの基礎知識から、実際に動画を制作しているけれど、アクセスの増やし肩がわからない、動画をもっと多くの人に見てもらいたい、という方向けの記事になっています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

VSEOとは?

女性の指と、浮かび上がる動画の再生アイコンのイメージ

VSEO(Video Search Engine Optimization)とは、動画版のSEO対策と言われています。

自身のブログやホームページを検索エンジン上で上位表示させるSEO対策と異なるのは、「動画」に特化したものとなっており、動画そのものを上位表示させる目的で取り組む、検索エンジン対策となっています。

GoogleやYahoo!など、近年の検索エンジンの特徴としては、ページの検索結果と同時に画像や動画も結果に表示するのが一般的になってきていますので、「動画」に対しての注目度も増え続けているという現状があります。

今までは、ブログやホームページそのものに注目が集まり、動画に対する上位表示などは全く気にしないという風潮がありましたが、動画サイトや動画自体の人気が高まったことによって、近年VSEOが注目され始めているキーワードとなりました。

シンプルに言うと「動画の検索エンジン最適化」ですので、すでにSEOに対して取り組んでいる方やある程度知識があるという方にとっては、スムーズにVSEO対策に入れる可能性が高いでしょう。

日本国内だけを見ても、YouTubeを筆頭とする動画サイトのアクセス数は年々増加傾向にあります。それに伴い、動画に対する注目度だけでなく、今後さらにVSEOにも関心が集まることが想定されます。

VSEO対策を行う必要性

指を指しているビジネスマン

ブログやホームページを運営している方は、VSEO対策を行うことによって多くのメリットを得ることができます。では、どんな効果を得ることができるのでしょうか?

まずは、アップロードした動画が検索エンジンに上位表示されることによって多くの人に見てもらえる機会が増えるということ。それだけでなく、上位表示される動画に付随するような形で自身のブログやホームページへのアクセス数の流入機会も増えることが期待できます。

さらに、動画が気に入ってもらえた場合には、ページ内をブックマークしてもらえたり、他のページも閲覧してもらえるという相乗効果にも期待できます。VSEO対策を行うことによって、今までにページを訪問してもらえなかったユーザー層の確保につながるチャンスが増えるというのもメリットの1つです。

そして、最大のメリットは、VSEO対策を行うことにより、たくさんの人に動画を見てもらえる機会が増え、自社商品であったり、個人ブログであったり、ほかのコンテンツも併せて宣伝できるという点です。このように、通常のSEO対策に加えてVSEO対策も行うことが、今後はより重要になってくるでしょう。

VSEOを行うポイント

黄色の背景にポイントの単語と電球

主にGoogleやYahoo!など代表的な検索エンジンの対策として行うVSEOですが、やみくもに行っても効果を得ることは難しいです。動画コンテンツを扱うサービスは多々ありますが、すべての動画サービスでVSEO対策を行うことはコストや効率の面からも難しいでしょう。効率よくVSEOを行うなら、多くのユーザーが利用するサービスを活用するのが得策です。

その代表例がGoogleのグループ会社でもあるYouTubeです。世界中から認知されているサービスであるとともに、検索エンジンとしてもGoogleに次ぐ、世界第2位となっています。大きな会社で力があるということだけでなく、世界中に圧倒的多数のユーザーがいます。多くのユーザーが利用するサービスに対してVSEO対策を行うことが効率的なのは先に述べましたが、誰も使用していないサービスに力を入れてVSEO対策を行ったところで、そもそも得られる効果が低いのは当然です。そのため、2020年現在であればYouTubeの動画に対して積極的に対策を行っていくのが良いでしょう。

サービス内にも動画をアップロードするだけでなく、動画のタイトルや説明文、タグ、コメント機能といった補助となるものが存在していますので、それらを最大限活用していくことが大切になってきます。

VSEOって何したら良い?

「WHAT」と印字された木のブロック

では、VSEO対策は具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。動画の検索エンジン対策としてできることを4つ紹介していきます。日ごろアップロードしている動画に多少の工夫をするだけで、すぐに検索エンジン対策になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

動画の内容をわかりやすくする

これは動画を出す際の基本的なことかもしれません。どのような目的で動画を出しているのかユーザーに分かりやすく伝わるようにしておきます。極端なことを言うと、動画の内容とタイトルに違いがあった場合、せっかく動画を開いてくれたユーザーは裏切られたと判断し、動画を閉じてしまいます。

最低限、動画のタイトルと内容に誤字脱字が無いかチェック、映像に乱れが無いか最終チェックをしてから動画をアップロードするようにしましょう。

動画を出す以上は基本的なところを大切にして、ユーザーに安心して見てらえる満足のいく動画に仕上げることが、結果的に評価を得ることができます。満足度を積み重ねてユーザーにリピートしてもらうことによって、VSEO対策にもつながってきますので、日ごろから良質な動画をアップロードすることを意識しましょう。

タイトルのキーワードに対策をする

動画のタイトルは直接的に検索エンジンに関わってきます。タイトルにあるキーワードによって検索エンジンに上位表示されるかどうか決まってくるといっても過言ではありませんので、タイトルは慎重に決めましょう。

ユーザーの目に付く部分ですし、テキストでアップロードされるというのが検索エンジンにとって非常に重要な部分となってきます。動画に関連するタイトルであるのはもちろん、ユーザーが検索するキーワードを先回りしてタイトルに含めることも必要です。

実際に検索エンジンで検索するキーワードを効果的にタイトルに組み込めるかどうかが、動画を検索エンジンで上位表示するために直接的に関連します。ただし、動画との関連性がないキーワードを入れても効果はありませんので、あくまでも動画の内容に沿って、検索エンジンにも対策をするという心掛が必要です。

例えば、マスクの作り方の動画をアップロードする場合には、「マスクの作り方」という平凡なタイトルよりは、「初めてでも簡単、マスクの作り方!」など、検索するユーザー層を想定することも大切です。

説明文やタグのキーワードに対策をする

動画の説明文やタブもVSEO対策としては重要な部分ですので、手を抜かないようにしましょう。直接的にテキストで検索される内容に対して、説明文やタグにキーワードを埋め込むことによって検索される確率も上がりますし、検索エンジンに上位表示される可能性も上がってきます。例えば、マスクの作り方の動画を出す場合には、説明文やタグの中に「初心者」「初めての」「誰でも作れる」「お金をかけずに」など、合わせて検索されやすいキーワードを入れておくと効果的です。

このように、ちょっとした気遣いによってVSEO対策は行うことができるのです。普段動画を作成する段階から、どのような方向けに動画を出すのかを意識しておくと良いでしょう。ただし、動画の内容と全く関係のない説明文やタグを入れてしまうと検索エンジンからスパム扱いされてしまう恐れもありますので、注意しましょう。

動画内にキーワードに関連したアクションをおこなえる対策をする

ユーザーによっては動画を見る理由、「キーワードについて知りたい」、「キーワードについて知識を高めたい」など、興味を持って動画を見てもらうことが大半です。

そのため、動画内や動画の最後にはユーザーを自身のブログやホームページへ誘導できるアクションであったり、特定の企業を宣伝するアクションを入れることが好ましいです。ただし、あからさまに誘導という形を取ってしまうとユーザーに不快感を与えてしまう恐れがあるので、あくまでも自然な形を演出することが大切です。

具体的には、リンクなどを挿入しておくことで、ユーザーを自然な形でキーワードへ関連したページへ誘導することができます。例えば、美容に関する内容の動画を出した場合、動画内で1つの美容クリームの具体的な名前を出した際には、動画の最後にURLを記載したり、外部リンクを説明文に入れておくなど、親切な動画をアップロードすることで検索エンジンからも評価を得ることができます。

SEOとVSEOの関係は?

ノートパソコンを使用する人と、浮かび上がるグラフのイメージ

SEOとVSEOの共通点は「検索エンジン最適化」となっていますので、検索結果に上位表示させるというのが最終目的であることは間違いありません。「ページを上位表示させるか」、「動画を上位表示させるか」といった違いはあるものの基本的な考え方は一緒です。さらに中身を理解しておくことによって、検索エンジンに上位表示させるためのポイントをつかみやすくなりますので、それぞれの特性を説明していきます。

SEOとVSEOの違いを解説

SEOとVSEO、どちらも同じ目的を持った対策となっていますが、1つだけ違うのは「動画」に特化した対策かどうかという点です。SEOはブログやホームページのタイトルや本文などサイト内に対しておこないますので、より「テキストの重要度」が求められますが、VSEOの場合は動画そのものに加え、タイトルやタグ、説明文など全体的に対策を取る必要があります。

すでにSEO対策に取り組んでいるという方にとっては、その知識を生かしてVSEO対策をおこなうことができますが、はじめて対策するという方はSEO>VSEOの順に知識を深めていくと理解しやすいでしょう。

ただし、いずれも「検索エンジン最適化」という最終的な目標がありますので、それに向けて自身のコンテンツを工夫するものであるというところに変わりはありません。

Googleの検索エンジン向けにVSEO対策するには

日本のインターネットユーザーが使う検索エンジンのシェア率として、7~8割がGoogleと言われています。そのためVSEO対策についてはGoogleの検索エンジンに目標を定めても良いでしょう。

そのうえで知っておきたいことが、「Googleが掲げる10の事実」です。シンプルに言うと検索エンジンに自身のサイトを上位表示させるために必要な情報で、Google社から出されているヒントのようなものとなっています。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
  3. 遅いより速いほうがいい。
  4. ウェブ上の民主主義は機能する。
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。
  8. 情報のニーズはすべての国境を越える。
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。
  10. 「すばらしい」では足りない。

参照:Google が掲げる 10 の事実

SEO対策はもちろん、VSEO対策についてもこれらの10の事実を意識しながら対策をしていく必要があります。検索エンジンはインターネットを使用するユーザーのためにありますので、これらの事柄から「ユーザーを第一優先に」、「ユーザーのためになる」といったことが読み取れます。VSEO対策においてもユーザーのためになる、ユーザーに必要とされる動画が、Google社に評価される傾向があるようです。動画作成時やVSEO対策において意識して取り組むと良いでしょう。

ユーザーに有益な情報が上位に表示され、結果的にSEO対策もVSEO対策につながるという形になってきますので、Google社が出している「Googleが掲げる10の事実」は常に意識しておくと良いでしょう。

まとめ

スマートフォンを手にするビジネスマン、浮かび上がる動画再生アイコン

ここまでSEOとVSEOの関係性や基本的なことを紹介してきました。検索エンジンに上位表示させるためにおこなう対処という点ではSEOと同様のものになりますが、VSEOについては「動画」に特化した対処になります。ただし、検索エンジンに上位表示させるといった意味ではどちらも同じ方向性のものです。

これまであまり注目されてこなかった動画の検索エンジン最適化ですが、検索エンジンに上位表示させるためにも、今後は動画に対しても対策が必要となってくることが想定されます。VSEO対策を行うことによって、そのほかのブログやホームページへのアクセス流入も見込める形となり、結果的にSEO対策にも相乗効果が生まれることが期待できます。ぜひVSEO対策を取り入れて動画をアップロードすることをお勧めします。

WEBでのお問い合わせはこちら