チェックリストを使ってSEO対策をする女性

WEB集客を始めるときに最低限押さえておきたいSEOのチェックリスト

チェックリストを使ってSEO対策をする女性

はじめに

Web集客を本気で始めるならSEO対策が必要です。そこで、初心者でもこれだけは最低限抑えておくべきSEOのチェックリストを準備しました。Web集客をしたいけれどもいまいち何から手を付けていいのか分からないという方はぜひ参考にしてください。

Webサイト全体のSEOチェックリスト

Webサイトの構造イメージ

GoogleはWebサイトを評価するとき、サイト全体とページ単位で別々の評価を下しているようです。別々の評価ながらもランキングへの追加を考慮するときは、ページとサイト全体の両方の評価が反映されます。つまりどちらもSEO対策を抜かりなく行っておいた方が良いわけですが、全体とページ単位ではSEO施策が若干異なります。それぞれどのようなことを行うべきなのでしょうか。まずはWebサイト全体からチェックしてみましょう。

HTTPS化させているか

2018年7月より、Google ChromeではHTTPのサイトというだけで警告表示が出るようになりました。HTTPのサイトだとアクセスするとアドレスバーの左側に保護されていない通信と表示されます。

Googleの提供しているブラウザーであるGoogle Chromeで警告されるわけですから、対策をしないと明らかにサイト評価にマイナスでしょう。警告表示を消すために、ウェブサイトをHTTPS化させましょう。HTTPS化させてSSL通信を可能にしておけばGoogleはHTTPサイトよりも優先的にインデックスするようなので、SEO効果はバツグンです。

ちなみにインデックスとは、Googleのクローラーによって収集されたWebページが検索エンジンデータベース上に整理されることを指します。クローラーが発見しなければそもそも評価対象になりませんから、インデックスされることはとても大切なのです。

HTTPS化はレンタルサーバーを借りていればそちらのサービスから簡単に行うことができます。ただし一部を除き有料です。

AMP対応はできているか

AMPはAccelerated Mobile Pagesの略で、モバイル環境でサイト閲覧する際に高速で見られるようにするための対策方法です。Googleが率先してAMPを推奨していて、モバイル環境で検索したときにAMP対応しているサイトはAMPと表示されるため、快適にサイト閲覧したいユーザーからのアクセスが見込めます。Googleがキャッシュしたページを読み込む仕組みなので、高速表示が可能になりました。

サイトをAMP対応させるには、HTMLタグの中にAMP用のタグを埋め込むなど少々大変な作業となります。しかし、WordPressを使っているユーザーならばプラグインを利用することで簡単にWebサイトをAMP対応させることができますし、テーマの中にもすぐにAMP対応させられるものがいくつかありますので、カスタマイズが簡単に行えます。

パンくずリストは設置されているか

パンくずリストとは、ウェブサイト内のページの位置を分かりやすく階層順に現したものです。パンくずリストが設置されていれば、通常はページ内上部にあります。

TOP>〇〇>〇〇

などと記述されているものがパンくずリストです。パンくずリストを設置しているとサイトに訪問したユーザーはカテゴリごとに分けられた記事の閲覧がしやすいなど、サイト内巡回が楽になります。それはユーザーのみならずGoogleのクローラーも同様で、パンくずリストがあることで効率的にクローリングされるため、分かりやすいサイトであると認識され、上位表示されやすくなります。

パンくずリストはHTMLのbody内にコードを入力するか、WordPressならばプラグインを利用することでパンくずリストの設置が可能です。WordPress以外の他ブログサービスでも、パンくずリストはコード入力不要で設置可能な場合が多いので、簡単に付けることができます。

Sitemap.xmlを追加する

Sitemap.xmlを追加することで、Webサイトの状態をクローラーに知らせることができます。新しいページやコンテンツを作った場合も、忘れずに更新しましょう。

ページ単位で行う内部SEOチェックリスト

内部SEOをチェックする女性

ページ単位で内部SEOを行うとき、どのようなことをすればいいのでしょうか。全体で行うSEO施策とは異なるため、チェックはしっかりと行いましょう。

キーワード選定はできているか

SEOを意識してコンテンツを作る際は内容が重要視されます。ユーザー目線で価値のある情報を提供できているかどうかが大事です。

内容を密度のあるものにしようと思ったら、キーワードの選定がしっかりとできている必要があります。どのようなキーワードが多くのユーザーが見込めるのかを把握していないと、そのキーワードが検索されないとそもそもコンテンツの存在そのものが認識されないからです。

伝えるべき情報があるのなら、Google キーワードプランナーを利用するなどし、伝えたい情報に対するキーワードの最適化を行いましょう。全体のリンクはもちろん大切ですが、アクセスのほとんどはコンテンツページからのため、実質的にキーワード選定が最も重要なSEO対策になります。

タイトルタグ、メタディスクリプションの最適化

タイトルには記事で狙っているキーワードを含めるとよいでしょう。その場合は不自然にならないようにすることがポイント。また、検索結果に表示された場合に長すぎると最後が見切れてしまいます。30文字程度におさまるように設定すればすべて表示されるでしょう。

また、メタディスクリプションも重要です。検索順位に直接影響はしませんが、検索結果に表示されることが多い部分です。魅力的な説明文にすることで、クリックされる確率が高くなると言えます。

見出しの最適化

H1〜H6を使い、文章を見やすくする必要があります。「Hの後の数が低い程、そのテキストは重要である事を訪問者とGoogleは認識します。」とGoogleも公式に示しています。(参考:Google Webmaster Central Blog)また、H要素は階層になっている必要があります。

alt属性

画像をページに貼る場合は、imgタグにalt属性を含めるようにしましょう。altタグは検索エンジンに対して、画像の内容をテキストで伝える役割を果たします。画像と一致したテキストになっていること、過度にキーワードを含めないことがポイントです。また、回線が重くて表示されない場合など、alt属性のテキストが表示されます。

内部リンクは貼れているか

内部リンクとは、サイト内のコンテンツページをサイト内に貼ることを指します。例えば記事を投稿し、記事の終わりに関連する記事のリンクが貼られていると記事が興味深いものであったならば、アクセスしたくなります。そのようにして自サイト内に過去の記事を紹介できるポイントがあればどんどんとリンクを貼っていくことで、ユーザーのサイト内滞在時間を長くすることができます。

信頼性を高める外部SEOチェックリスト

外部SEOイメージ

Googleが信頼性の高いサイトと判断する要素はどこにあるのでしょうか。外部SEO対策として、信頼性を高めるためにやっておくべきことを紹介します。

質の高い被リンクがもらえているか

外部のサイトからリンクをたくさんもらうことで、Googleはそのサイトに信頼性を持ちます。多くのサイトから紹介されているなら、それだけ伝えるべき情報があるのだろうと判断されるということです。

質の高いサイトというのはアクセスが多く、Googleが既に高い信頼を置いているサイトのことですが、そうしたサイトにリンクをもらうというのは容易ではありません。例えるならば新人ミュージシャンが大御所から高い評価を受けるようなものでしょうか。よほどのことがない限りそのようなことはあり得ません。

ですから、似たようなサイトから被リンクを受けることが重要になります。関連性の高いサイトから被リンクを受けると、情報の質が高いサイトだと評価されやすく、上位表示されやすいからです。

ペナルティを受けていないか

SEOにおけるペナルティというのは、検索エンジンから順位を下げられる、インデックスから削除されるなどを指します。ペナルティを受けてもGoogleから通知されるとは限らないため、原因も分からないのにいきなり検索ランク外に落ちていることがあります。Google Search Consoleを利用していればガイドラインに違反していると通知されるので、ぜひ活用しましょう。

ペナルティを受ける要因として主なものは、コンテンツ内に不自然なほどにキーワードが詰められていたり、文字を背景色と同じにするなどがあります。単なるアフィリエイトサイトも評価を下げる対象となるようです。Googleのガイドラインを読めば事細かに何をやってはいけないかが分かりますので、ボリュームは多いものの、サイト運営をきちんとやっていくならば一度は目を通しておきましょう。

SEOのチェックはどう行えばいい?

チェックポイントを探す

チェックすべきポイントがわかったら実際にチェックを行いましょう。効率よくチェックするために、チェックツールを活用することをおすすめします。

内部施策、外部施策など、目的に合ったチェックツールがたくさん存在しています。無料で使えるものも多くあるので、使いやすいものを試してみると良いでしょう。

目的別におすすめツール紹介!今すぐ使えるSEOツールはこれだ!

おわりに

SEOについて勉強する男性

いかがでしょうか?

SEOでチェックすべき点は他にもありますが、最低限のものを紹介しました。まずはこれだけでも意識してWebサイトを作るようにするとよいでしょう。

WEBでのお問い合わせはこちら