SNSを活用してSEO効果を高める女性

SNSの活用はSEOに効果はあるの?関係性や活用のコツ

SNSを活用してSEO効果を高める女性

「SNSの投稿やシェアにはSEO対策としての効果があるのかな」と疑問に思う方も多いですよね。

たしかに、バックリンク対策や被リンク対策と言われる施策で行われる、サテライトサイトからリンクを集めるようにTwitterやFacebookなどのSNSからもサイトにリンクを貼ることができます。

結論から言えば、直接的な効果はありません。しかし、間接的にSEO対策として活用できるポイントがあります。

今回の記事では、SNSとSEOの目的から関係性、SNSの活用方法と注意点までを初心者の方でもわかりやすく、徹底解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

SNS、SEOそれぞれの目的とは

SNSの特徴

SNS、SEOにはそれぞれの目的が存在します。それぞれの目的について解説していきます。

SNSの目的

SNSは、「Instagram」「Facebook」「Twitter」「LINE」などが人気です。ビジネスでSNSを活用する場合、大きな目的は次の3つです。

1.ファンとの交流

今までは、情報を発信する側の一方通行だったものが、SNSを通じて、企業と消費者が繋がり、それぞれが情報を発信できるようになりました。

商品やサービスに対して、消費者側から直接フィードバックを貰うこともできますし、お互いが関わりあえるようになったのです。こうした直接的な交流によって商品やサービスの改善に繋げることができます。

2.認知度の拡大

SNSでは、「イイね」や「シェア」をする機能があります。Webサイトやメディアは、SEOのアプローチだけでなく、SNSを通じた拡散により企業のブランドパワーを強めたり、商品の認知度や好感度を上げることができるのです。

3.商品・サービスの販売

SNSを通じて、商品やサービスを販売する企業も増えています。最近では、Instagramのショップ機能のように売り上げに直接結びつく機能の利用も可能になり、購買力をうみだすようになったのです。

SEOの目的

SEOとは”Search Engine Optimization”の頭文字を略したもので、日本語に訳すと「検索エンジン最適化」です。GoogleやYahoo!などの検索エンジンからユーザーを集客します。SEOの目的は、大きく次の2つです。

1.検索上位をとり、流入を増やす

SEOの最大の目的です。検索エンジンでの表示結果で上位をとり、ユーザーの流入を増やすことです。SNSとは違い、設定されたキーワードに基づき集客することができるので、狙ったユーザー層を獲得することができます。

2.被リンクを集める

作成したサイトやページがユーザーにとって有益だった場合、コンテンツが支持され、検索ユーザーが自身のサイトで紹介することがあります。
被リンクを集めることで、サイト自体のパワーが強くなり、より検索エンジンから高い評価を貰うことができます。

SNSの活用はSEOに効果はある?

SEO効果のイメージ

結論から言えば、SNSがSEOにとって直接的な効果はありません。

現在のSNSへのリンクにはnofollow属性が付与されているため、SNS上の「イイね」や「シェア」に対して、直接的なSEO効果はなく、検索順位には反映されません。

よって、仮にTwitterに自社サイトのURLを掲載して発信した記事がシェアされた場合にも、被リンク効果は無いことになります。

これについて、Google公式オンラインフォーラムでの質問に対して、Googleのジョンミュラー氏が公式に説明しています。

原文:

social signals have an impact on organic rankings in google and not directly no so it’s not that there’s any kind of a ranking affect.

their to large part social networks also have a nofollow on the links that they.
翻訳:ソーシャルシグナルはGoogleのオーガニックランキングに影響を与えますが、直接影響はありません。つまり、ランキングに何らかの影響があるわけではありません。

大部分のソーシャルネットワークからソーシャルネットワークには、リンクについてのフォローはありません。

※翻訳はGoogle翻訳を使用しています。
引用:https://youtu.be/WszvyRune14

間接的なSNSとSEOの関係

SEOとSNSの関係イメージ

SNSの活用がSEOに効果がないということにがっかりされた方も多くいるかもしれません。しかし、直接的な効果はなくても、間接的に効果があると言えます。

では、なぜ直接的ではなく、間接的なのかを説明します。

多くのユーザーに届けることができる

SNSの拡散により、多くのユーザーに情報を届けることができ、その結果検索流入の増加が見込むことができます。

例えば、サービスや商品をSNSに投稿した時に、ユーザーが「誰かに勧めたい」「共感できる」などの感情に訴えることができたとしたら、「イイね」や「シェア」による拡散が起こりますよね。

つまり、良質で有益な情報ほど、拡散が起こり、それにより外部サイトから参照されやすくなるという循環が生まれます。間接的に流入を増やすことができるのです。これは、SEO対策として同等の効果が得られているため、役目を果たしていると考えることができます。

サイト名が定着する

SNSは高い拡散力があります。シェアを通じて、投稿内容やサイト名を覚えてもらう機会が増えます。内容が気になったユーザーはサイト名を覚え、検索する可能性を高めることができるのです。

SNS活用でSEOの効果を高めるコツ

SEOのためにSNSを活用するコツ

SNSを活用した、間接的にSEO効果を生み出すコツをご紹介します。

ターゲット層のフォロワーを増やす

宣伝したい商品やサービスに関連したフォロワーを増やすことが大切です。車に関連した商品やサービスを宣伝したいのに、免許を持っていないフォロワーにアプローチしても意味がないですよね。

ユーザーの属性を見極めてフォローすることで、フォロバしてもらう確率を上げていきましょう。

サイトにSNSボタンを設置する

自身のサイトにSNSのシェアボタンを設置しましょう。訪問したユーザーにとって有益な情報だった場合、シェアされる確率を上げることができます。

現在では、企業の公式サイトから個人のブログのほとんどが「イイね」や「シェア」などのSNSボタンを設置しています。すぐにシェアできる仕組みづくりをすることで、間接的にSEO効果を狙うことができる施策の1つになります。

発信する情報を統一する

できるだけ、発信する情報のジャンルは統一しましょう。

ユーザーにとって、「このサイトに来れば○○は解決できる」と思わせることが大切です。

例えば、料理を作る時には「クックパッド」を、来週行くお店を探す時には「食べログ」を、経済ニュースを見る時には「日本経済新聞」を見る人は多いはずです。

それはなぜでしょうか。ユーザーの知りたい情報が載っていて、おおよそ解決出来るからです。SNSでは、「うちのサイトに来るとあなた悩みが解決できますよ」とユーザーに思わせ、定着させることが大切です。

SNS別の活用方法や注意点

SNSの特徴

では、SEOの効果を高めるために、SNS別の特徴や活用のコツを紹介します。

  1. Facebook
  2. Twitter
  3. Instagram
  4. LINE

1.Facebook

Facebookの特徴は、実名制のため、ビジネスパーソンを中心に利用している人が多いです。国内では、積極的に活用しているユーザーの年齢層が30代、40代が多いとされています。

役に立つ情報などの知識欲を刺激するような情報に反応が高い傾向があるため、企業が真摯な思いや有益性をユーザーに提供できる場合には、Facebookの情報拡散が有効です。

ユーザーとの距離が近く、フレンドリーな演出をしたい場合は、他のSNSを検討してみてください。

2.Twitter

Twitterの特徴は主要なSNSの中でもっとも拡散力が強いSNSです。ユーザー層は10代~30代と若年層が多いです。また投稿の文字数は、140文字(英数半角で280文字)を上限としています。

Twitterの場合は「リツイート機能」によって、一切関わりがない人のところまで情報を拡散することができます。またハッシュタグによるコミュニケーションが一般化しています。

インフルエンサーや有名人にがリツイートされると、一気にツイートが拡散されますので、投稿内容さえ充実していればあっという間に広まることも夢ではありません。

友達以外にも拡散されるため、炎上もしやすいという点もありますので、投稿内容には気をつけましょう。

3.Instagram

Instagramは、写真や動画の投稿が中心のSNSです。主に女性ユーザーが多く、10~20代の若年層が中心です。Instagram特徴は、「インスタ映え」という言葉が流行するほど、画像や動画が命と言っても過言ではありません。

コツとしては、世界観を大事にすることです。見ていて幸せになるような美しさ、かわいさ、工夫がなければ反応は得られません。また、Instagramでは、ハッシュタグを付けることが定番となっており、ハッシュタグの付け方で、多くの人に見てもらうことができます。

ただし、Instagramの投稿では外部サイトのリンクは有効にならず、シェアの機能がないため画像の説明でURLを挿入しても、テキストとして扱われます。

4.LINE

LINEはメールの代わりにもなっているSNSで、10~60代までの幅広い層に多く利用されています。

LINEは、チラシとして考えると効果的です。新サービスや新商品の告知、セールの案内など、チラシ感覚で情報を流し、来店に促しましょう。

注意点は、ユーザー数の増加により、運用が難しくなるケースがあるという点です。あらかじめ運用のルールを定めるようにしましょう。

一番のポイントはサイトコンテンツの充実

コンテンツを充実させるイメージ

いくらSNSを活用して集客ができたとしても、流入先のサイトが充実していなければユーザーの定着や、コンバージョンには繋がりません。

一番大切なことは、やはりサイトコンテンツの充実です。ユーザーが求めていることを予測し、自身のコンテンツで解決できるのかを意識しましょう。

検索エンジンの評価も厳しくなり、サイトコンテンツは量より質に移行しています。上質のコンテンツを作ることこそが、サイトの価値を高める近道と考えられています。

最近では、他社の差別化が難しくなっているため、よりユーザーが求めているコンテンツを提供できるサイトが、同業他社の中でより目立つものになるでしょう。

まとめ

いかがでしょうか?

SNSはSEO対策には直接的な効果はありませんが、上手く活用することで、間接的に効果を生み出すことができます。

つまり、使い方次第ということです。ここまで説明してきたように、TwitterやFacebookなどの「イイね」や「シェア」が増えても、直接的なSEO効果は期待できません。しかし、ユーザーにとって有益な情報発信することで、サイトの上位表示を狙うことは十分可能です。

SEOとSNSの目的と効果を理解し、サイトコンテンツを充実させることが一番の近道です。そうすることで、サイトのブランディングやコンバージョン、流入の増加につなげることができるのです。

WEBでのお問い合わせはこちら