SEOと書かれたタブレット

SEOと文字数は関係ある?効果の出る良質なコンテンツとは

SEOと書かれたタブレット

検索結果上位のサイトや記事ページは、文字数が3,000文字を超えるページが多くありますが、反対に文字数が少ないぺーいが上位にランクインしている例も見かけます。はたして文字数はSEOに関係するのでしょうか?

今回は、SEOと文字数の関係と、SEO効果のあるコンテンツについて詳しく解説していきます。

文字数が多いと上位表示されるのか?

検索エンジンで調べる

気になっている事柄、知りたい情報があるとしてGoogleやYahoo!を使って調べてみましょう。検索上位10位以内に入るコンテンツはそれなりに文字数が多いものが多いはずです。

では、単純に

コンテンツの文字数が多い=上位表示される確率が上がる

という公式が成り立つのでしょうか。

その答えを知るにはまず検索エンジンの性質を知らなくてはいけません。

結論から言うと、検索エンジンはユーザビリティの高いページを上位表示します。ですが、これだけではどんなものが検索エンジンに好まれるのかよくわかりません。

Googleの公式サイトでは、こう説明されています。

サイト内、特にホームページで質の高いコンテンツを提供することが、最も重要です。サイトを訪れるユーザーにとって有用な情報が含まれていれば、サイトの人気が上昇して他のサイトからリンクされるようになります。情報に富んだサイトを作成するには、それぞれのページでトピックをわかりやすく正確に記述します。ページを検索するときにユーザーがどのような言葉を入力するかを考慮して、その言葉をサイトで適切に使用します。

引用元:Google と相性の良いサイトを作成する方法

Googleはサイトを訪れるユーザーにとって有用な情報が含まれていることで、人気が上昇すると明言しています。

Googleウェブマスター向けガイドラインでも文字数に言及することなく、ユーザーにとって有益で豊富な情報がある便利なサイトが好ましいとされています。

以上のことから単純に文字数が多いから検索上位に表示されるという訳ではないようです。そして、ユーザーにとって価値のある情報を見やすくコンテンツとして公開し続けることが大事だとしています。

Googleのスポークスマンであるジョン・ミューラー氏も動画内でこう発言しています。

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていない。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。

引用元:English Google Webmaster Central office-hours hangout

ここまでGoogleはコンテンツ内の文字量とSEOの関係性を否定していますが、実際には検索上位を独占するページは文字数が多い傾向にあります。それはなぜなのでしょうか。

文字数とSEOの関係とは

SEOとコンテンツ

前項で説明した通り、Googleは文字数とSEOは関係ないとしています。しかし、検索順位が上のページは文字数が多い傾向があります。文字数とSEOに関係がないとすると、それは他の要因が関係しているとしか言いようがありません。

Googleが設定するガイドラインには、ユーザーにとって使いやすいサイトである他に、「豊富で有益な情報があるかどうかを基準としている」という記載があります。

例えば、『SEOとは』という検索をしたところ2つのページがヒットしたとします。

1つ目:SEOとはSearch Engine Optimizationの略称であると簡潔に記述されているページ

2つ目:SEOが略称であること、それの意味やビジネスシーンでの使われ方、どのような行為がSEOと呼ばれるかなど、『SEOとは』と検索した人が求めていそうな知識を記述たページ

もしあなたが『SEOとは』と検索したなら、どちらのページを見るでしょうか。どちらのページがあなたにとって有益でしょうか。当然ながらSEOについて全く知らない人からしてみれば、『Search Engine Optimization』という正式名称を知ったところでOptimizationの意味を汲み取り推察するか、もう一度正式名称で検索しなくてはいけません。

そうなると、1つ目のページは検索したユーザーにとって使いづらく無用なWebページとなってしまうのです。

ユーザーにとって有用で求められるページにするには、検索する人たちがその検索キーワードでどんな情報を求めているのか、その情報を理解してもらうための知識はページ内のコンテンツで使いやすくなっているか、つまり「ユーザーの検索意図を満たしていること」が重要なのです。

上記のようなことを考慮してコンテンツを作成していくことで、文字数とSEOについての関係性が見えてきます。

キーワード検索でサイトへの流入ユーザーを獲得するには、その検索ワードを使うユーザーにとって必要な情報や知識をコンテンツに盛り込み、わかりやすい文章にすると自然と文字数が増えるのです。

そして、同種のライバルコンテンツと差別化を図り独自性を出すための検証や実験などが、更に文字数を増やす事もあります。

このように、コンテンツの質を求めると自然と文字量も増えていくのです。

上位表示されるために適切な文字数はある?

文章をたくさん書く女性

サイトが上位表示されるために適切な文字数の目安はあるのか気になるところです。上記のことを踏まえて記事を作成するなら、やはり文字数は多ければ多いほどいいのではないかと思う方もいるはずです。

ですが、必ずしも文字数が多ければ良いかというとそうでもありません。

先程の例をとって見てみましょう。検索ワードを『SEO 正式名称』と変更してみます。

このユーザーはSEOの正式名称を知りたいのであって、SEOの意味や用法は一番知りたい情報ではないという仮説が立ちます。そういったユーザーにとっては長々とSEOについて語るページは無用であり、SEOの正式名称が簡潔に、見やすく表示されていることこそが重要な事柄となります。

このような例はいくつもあります。天気予報や知りたい単語の意味、お店の営業時間など、簡潔に記述されてこそ意味のある情報もあります。お店の営業時間についての記載を1,000文字で事細かに説明したところでわかりづらくなってしまうでしょう。

つまり、自社サイトのページに、どのようなユーザーがどのような用途で訪れるのかを考えることで、コンテンツの適切な情報量が見えてくるのではないのでしょうか。

それでも、明確な目安が欲しいのも事実です。その場合は自分が作成するコンテンツに流れてくるユーザーはどんなキーワードで検索するのかを考え、一度自分で検索してみると良いでしょう。

そうすることで検索上位に表示されるライバルコンテンツの文字数や、記載のある情報の種類などがわかります。いくつか競合分析をすることで、文字数やコンテンツ内容の目安が見えてくるでしょう。そこでオリジナリティを意識することで、ライバルコンテンツとは違う独自性を持たせる指標にもなります。

以上のことから、コンテンツの文字数は必ずしも重要というわけではありません。キーワードに関連する情報や、新しい情報を取り入れて、コンテンツの量や質を良くしていくことが重要なのです。

SEOに効果のあるコンテンツとは

よいコンテンツ

コンテンツの適切な文字数や目安の立て方はわかったけれど、具体的にSEOに効果のあるコンテンツの選び方はあるのでしょうか。

Google検索エンジン最適化(SEO)スターターガイドではこのように記載されています。

読者が求めているものを把握して提供する

ユーザーがコンテンツを探すときに検索しそうなキーワードを考えてみましょう。

〜中略〜

他のサイトが提供していない、新しい便利なサービスを創造することを検討しましょう。オリジナルの調査情報を記載する、面白いニュース記事を公開する、固有のユーザー基盤を活用するといった方法もあります。他のサイトではこのような活動を行うリソースや専門知識が不足しているかもしれません。

引用元:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

SEOに効果の見込めるコンテンツとは、他のサイトが提供していないオリジナリティがあるものだということです。そして同時にユーザーの検索意図を満たしていなくてはいけません。

もし、自分たちしかしていない調査情報であっても、検索ワードとかけ離れた分野の調査なら意味がありません。

SEOと文字数の関係性が知りたい人に向けたコンテンツ内で、ホームページの更新頻度とSEOの関係性を独自調査した結果をグラフにしたところで、ユーザーの検索意図は満たせないでしょう。

コンテンツの文字数と、被リンクの獲得数やSNSのシェア数の相関性に気付いて、独自に調査を行っていたのであればユーザーの検索意図を満たしつつ、オリジナリティを持つコンテンツになるかもしれません。被リンクも検索エンジンの評価に影響するとされており、SEOと文字数に関係性があるという独自の視点からの証明材料となるからです。

このように、オリジナリティを持ちユーザーの検索意図を満たすコンテンツはその人の興味を引きます。そして、本当にそれがユーザーにとって価値のあるものだと認識されれば、多くの被リンクを獲得して訪問数が増え、検索エンジンの評価を上げることに繋がるのです。

SEOに効果のあるコンテンツというのは、検索エンジンから評価されているコンテンツです。言い換えるとユーザーから評価されているコンテンツとなります。

SEO効果のあるコンテンツを作るコツ

SEO効果のあるコンテンツ

SEO効果のあるコンテンツを作る上で重要なことは、ユーザーの検索意図を満たしていること、そしてオリジナリティがあることです。この2つを念頭に置いてコンテンツを作成していかなくてはいけません。

ここで気を付けなければいけないことがあります。検索上位を占めるコンテンツの大半は文字数が多くなっています。ですが、これはユーザーが求める情報を盛り込んだ結果であって、無理やり文字数を増やしたコンテンツではないということです。

文字数を増やすことで効果を狙ったコンテンツの中には、コピー&ペーストを繰り返して似たような記事のつなぎ合わせになっているものや、口コミが文字数の多くを占めており目新しい情報がすくないもの、文章に一貫性がなくユーザーにとって読みづらいと感じてしまうものなどがあります。

このように文字数が多くても、ユーザーにとって利益にならなければ、Googleにそう判断されてしまい検索上位には表示されないのです。これはユーザーの評価も同一で、どこかで見た情報やそのサイト独自の視点がなくては読む側もいい評価ができません。

また、効果的な文章を書くために知っておくべきは『サジェストワード』です。

Googleの検索エンジンで1単語打つと、予測で一緒に検索されやすい単語の候補が提案されます。これが『サジェストワード』です。これを見ることで、狙ったキーワードについてユーザーの検索意図が読み取りやすくなります。例えば『SEO』と打つと、『とは』『チェキ』『キーワード』『ツール』などが出てきます。

サジェストワードを見ることで、『キーワード』『ツール』など検索されやすい関連ワードを知ることもでき、ユーザーがSEOに関わる何が知りたいのか推測することができるでしょう。その推測から、競合サイトがどれほどのクオリティでコンテンツを更新しているかも確認できます。

そうなれば、内容を吟味しながら、ライバルよりも一層クオリティの高いコンテンツを更新しやすくなり、SEO効果を期待できるコンテンツを作成できます。

おわりに

ブロックで書かれたwordの文字

SEOと文字数には直接的な関係はありません。しかし、検索意図を満たすための情報を盛り込むことで、自然と文字数が増えるため、結果的に良質なコンテンツと判断されたサイトは文字数が多く、上位表示されているのです。

闇雲にコンテンツの文字数を増やすのではなく、ユーザーにとって役立つ情報を予測して記述することを意識しましょう。ユーザー目線のコンテンツを意識して、良質なコンテンツを作成することを心がけることがSEOには大切です。

WEBでのお問い合わせはこちら