ambassador

【今更聞けない!】アンバサダーマーケティングの活用方法を紹介!

ambassador

日本でも数多くの企業が取り入れているのが「アンバサダーマーケティング」です。自社商品や自社サービスのコアなユーザーを活用したマーケティング戦略であり、日本ではネスレ株式会社の「ネスカフェ アンバサダー」が非常に有名です。
今回は、そんなアンバサダーマーケティングを導入しようと考えている企業担当者へ向け、アンバサダーマーケティングの意味や始め方などを実例も踏まえながら詳しくご紹介していきます。

アンバサダーマーケティングとは

年配のビジネスマンたち

アンバサダーマーケティングとは、自社の商品・サービスに対して非常に高い関心を持っているユーザーに、広告塔として自社の商品やサービスのPRをしてもらうマーケティング手法のことです。

「アンバサダー」として定義する人物は「商品やサービス、会社のことに関心が高くSNSなどを利用して口コミを行なってくれる可能性が高い人物」です。アンバサダーになる方は、日頃から商品やサービスを熱心に使用していて、細かい部分までレビューを行うことができます。そのため、発信する情報は、信頼性が高いと言えるでしょう。アンバサダーには、SNSなどを利用して商品やサービスを紹介してもらい、さらにアンバサダーとなる人物を増やしていくことがマーケティングの戦略として重要です。

「アンバサダー」から発信される情報は信頼性が高く、これから顧客となりうる潜在客の行動を促せる可能性が非常に高いと考えられています。そのため、マーケティング手法として、アンバサダーマーケティングは近年注目されているのです。

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違い

2人の女性

アンバサダーマーケティングとインフルエンサーマーケティングの違いには、どのような点なのでしょうか。まず、それぞれの特徴から説明していきます。

アンバサダーマーケティングの特徴

アンバサダーマーケティングは、商品やサービスに関心力の高いファンを選出して、アンバサダーとして活動してもらいます。
広い範囲に対しての影響力は大きくはありませんが、質の高い口コミやレビューを行なってくれるので、商品やサービスの購入といった、目に見える数字の効果が出やすい特徴があります。

商品やサービスを実際に何度も使用したことがある顧客をアンバサダーとして選ぶことで、表面的なPRでは無くなります。日頃から使っているからこその活用方法やオススメのポイント、気になる部分などを紹介してくれるので、信頼性の高い情報を発信してくれるでしょう。

また、アンバサダーが持っている影響力については重要視されません。あくまでも商品やサービスに関心意欲の高い顧客を選ぶので、SNSなどのフォロワー数などの影響力はそこまで気にする必要はないでしょう。

インフルエンサーマーケティングの特徴

インフルエンサーマーケティングとは、世間に対して影響力の強い人物に依頼を出して、自社の商品やサービスを紹介してもらうマーケティング戦略になります。

影響力の高い人物を「インフルエンサー」と呼び、

  • 各業界の有名人
  • 有名インスタグラマー
  • 有名ブロガー
  • 有名Youtuber

などのことを指す場合が多いです。近年は特に、InstagramやYouTubeで有名な方に、商品やサービスの紹介をお願いすることが多くなっています。
アンバサダーマーケティングとの違いとしては、インフルエンサーと呼ばれる人物は企業の商品やサービスのコアなユーザーでは無いという点です。ただ、世間に対しての影響力があるので、インフルエンサーが紹介すれば多くの方に認知をしてもらえる可能性が高いでしょう。

インスタグラマーなどであれば、1回の依頼でもフォロワー数によっては5万人以上の人に商品やサービスの認知をしてもらうことが可能なので、広い範囲にPRを届けられることになります。

2つのマーケティング手法の違い

ここで、2つのマーケティング手法の違いをまとめます。

まず、商品やサービスのPRをお願いする人物の選定基準に違いがあります。
アンバサダーマーケティングでは、自社商品やサービスに対してのコアな顧客を選択しますが、インフルエンサーマーケティングでは、自社の商品やサービスのイメージにあった世間に影響力のある人物を選択します。これが1つの大きな違いと言えるでしょう。

そして、2つのマーケティングでは、1度のPRで影響する範囲と効果の出やすさにも違いがあります。
インフルエンサーマーケティングでは、影響力の高い人物がPRを行うので、1度のPRでも場合によっては何万人もの人に認知をしてもらえます。一方で、多くの方に認知はしてもらえますが、実際に行動をしてくれるユーザーはごく一部となる場合が多いでしょう。
アンバサダーマーケティングでは、情報の信頼性は非常に高いですが、影響する範囲は狭い場合が多いです。しかし、コアな顧客が商品を紹介するので情報の信頼性が高く、ユーザーの行動を促せる確率が高くなります。

アンバサダーマーケティングが向いている商品・サービス

ピースをする女性

アンバサダーマーケティングには、向いている商品・サービスがあります。自社の商品やサービスがアンバサダーマーケティングとマッチするのかを確認していきましょう。

単価が高い商品やサービス

単価の高い商品やサービスなどは、アンバサダーマーケティングに向いているでしょう。
単価の高い商品やサービスは、安さで勝負している商品よりも機能性などが優れている場合が多いので、アンバサダーによる口コミやレビューは重要になります。
機能性が高い商品やサービスなどは、企業が出している広告だけでは理解しづらい部分も多いので、アンバサダーが細部までレビューをすると、多くのユーザーを行動に移すことができるでしょう。

印象深く特徴的な商品やサービス

印象深いモノや特徴の強いユニークな商品やサービスなども、アンバサダーマーケティングと相性がいいです。
特徴的な商品やサービスは、その使用方法や使用感などがわかりにくい場合が多いので、SNSやyoutubeなどのコンテンツを用いて、文章だけでなく動画や画像などを用いてレビューをしてくれると、リアルな使用感を伝えることができます。

特徴的な商品がどのようなものなのか、商品やサービスに対して熟知しているアンバサダーが細かくレビューしてPRすることで、信頼度も高まりやすいでしょう。商品やサービスに対して関心意欲の低いユーザーに対して、ユーザー目線で使用感を伝えてくれます。

アンバサダーマーケティングの始め方

本の上にひらめきマーク

アンバサダーマーケティングをまずはどのように始めたらいいのかご説明していきましょう。

1. 顧客の分析

まずは、さまざまなツールを用いながら顧客を分析していきます。
顧客ロイヤリティを数値化したNPS(ネットプロモータースコア)の計測、集計を行い、自社のどのような商品やサービスに対して満足度が高いのかを調べたりして、顧客を分析していきましょう。

2. アンバサダーの選出方法

アンバサダーの選出は、アンバサダーマーケティングを行う上では特に重要な部分です。
アンバサダーを選ぶ際には、自社がPRしたい商品やサービスに対しての関心意欲の高いアンバサダーを選出する必要があるので、ここがとても大変で労力のかかる工程となっています。

  • 自社の会員になっている方から探し出す

    自社で登録制の会員システムを導入している企業であれば、会員の中からアンバサダーを探し出すことができます。会員としてすでに登録をしているので、商品やサービスに対しての認知度が高い可能性があるので、SNSなどよりも素早く見つけることができるでしょう。

  • 一般公募で大々的に募集して探し出す

    ネットや自社のHP、SNSを使用して広い範囲で募集を出してアンバサダーを選出する方法があります。不特定多数のユーザーに呼びかけることで、たくさんの応募を受けられる可能性が高いのがメリットです。

  • SNSなどで商品やサービスを投稿しているユーザーを探し出す

    SNSやブログなどで、商品やサービスのについて投稿している方へ直接アンバサダーへの依頼を出す方法があります。影響力の高い人物が商品やサービスについて投稿をしていれば、そのような方をアンバサダーとしてお願いしても良いでしょう。

3. アンバサダーに対しての対価を決める

アンバサダーとして商品やサービスをPRしてくれる方に対して、対価を決める必要があります。商品の無料貸し出しやイベントへの参加資格を送るなど、アンバサダーになることで得られるメリットが大きいほど、アンバサダーの方もPRに熱意を込めるでしょう。

アンバサダーマーケティングの活用事例6選

Hello I'm Ambassadorと書かれた名札

実際にアンバサダーマーケティングをどのような企業が活用しているのか、実例をあげながらご説明していきましょう。

ネスカフェアンバサダー

やはり、株式会社ネスレが実施している「ネスカフェアンバサダー」は、アンバサダーマーケティングを広めた非常に有名な活用事例です。
日本全国で10万人以上のアンバサダーを獲得している、アンバサダーマーケティングの代表的な成功例と言えるでしょう。
ネスカフェアンバサダーは、申し込みを行うと担当者が職場へ訪問します。その際に、アンバサダーになることで発生する義務などの説明を行い、コーヒーマシンをプレゼントしてくれるのです。
多くの方がネスレのコーヒーマシンで淹れられたコーヒーを楽しむことで、認知度を高めていくことに成功したマーケティング戦略です。

セブンスイーツアンバサダー

セブン&アイ・ホールディングスが実施しているのがセブンイレブンのコンビニスイーツに対してのアンバサダーです。セブンイレブンのスイーツに関してSNSやブログを使って感想を紹介することで、クーポンのお届けやイベントなどへの参加資格を与えてくれます。
女性をターゲットにしたスイーツに関するアンバサダーを集めることで、利益に繋がりやすいアンバサダーマーケティングの活用事例です。

富士通 ScanSnapアンバサダー

富士通が実施しているアンバサダーマーケティングは「ScanSnapアンバサダー」です。
ScanSnapはさまざまなものを印刷することができるスキャナーで、多くの企業に採用されています。アンバサダーになると、イベントへの招待や限定キャンペーンなどの優待を受けることができます。

カルビー カルサポ

株式会社カルビーが実施しているのが、無料でカルビー商品などを送り周りに紹介してもらうアンバサダーマーケティング「カルサポ」です。申請を出して会員になると、カルビー商品を無料で配布されたり、イベントへの招待などを受けることができます。カルサポ限定の掲示板サイトなどもあるので、カルサポ同時で交流を深めるようにできるのもマーケティング戦略のひとつでしょう。

明治ホールディングス LG21アンバサダー

明治のLG21に関してアンバサダーを募集し、インスタグラム、ツイッターなどのSNSやブログで商品についての紹介を行なってもらうアンバサダーマーケティングになります。 LG21の魅力について多くの方に紹介してもらうことで、ユーザーの認知度が高まり購買意欲を高める効果があります。
LG21の公式アンバサダーとして活動すると、下記のような特典を受けることができます。

  • 限定イベントへの招待
  • モニター体験への参加資格をGET
  • 新商品やキャンペーンなどの情報をいち早くご案内

アンバサダーに対して特典をしっかりと設けることは、アンバサダーマーケティングでは重要でしょう。

DHCブランドアンバサダー

DHCが実施しているのが、「DHCブランドアンバサダー」というマーケティングになります。日頃からDHCの商品を愛用しているアンバサダーが、DHC商品に関して関心意欲の低いユーザーへ、魅力を伝えてもらう仕組みです。
アンバサダーからの紹介で新しくDHC会員になったり、毎月DHCや美容、健康に関しのレポート「アンバサダーレポート」を提出したりすることで、換金もすることが可能なポイントを付与されます。そのほかにもイベントへの招待や新商品の早期のお知らせ、新商品の試験モニターなどを受けることが可能です。

まとめ

砂浜にいる2人の女性

「アンバサダーマーケティング」は、これからもより多くの企業で導入されていくであろうマーケティング手法です。マーケティングの手法は様々あるので、ほかのマーケティングを行いつつ「アンバサダーマーケティング」を併用するのもおすすめです。
自社の商品やサービスの顧客増加に悩んでいる企業担当者の方は、今回の記事を参考に、アンバサダーマーケティングをマーケティング戦略に取り入れてみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら