スマートフォンで地図を確認する

MEO対策を行ってGoogleマップから集客させる方法

スマートフォンで地図を確認する

Googleマップでは、一般的な検索エンジンと同じように飲食店などの店舗情報が検索ウィンドウに表示されます。そのため、店舗情報を上位表示させることよって直接の集客効果に繋がっていきます。また、企業のホームページURLリンクもあるため、上位表示されればより多くのユーザーに対して自社サイトのページビューも期待できます。そのため、飲食店などを運営する企業にとってはGoogleマップでの上位表示対策がポイントになります。

その際にはMEO対策というものが行われており、飲食店や小売店の個人事業主にもオススメの企業戦略となります。

MEO対策とは

PCに表示された地図

MEO対策とは地図エンジン最適化のことで『Map Engine Optimization』の略になります。具体的にはGoogleマップでの検索結果の上位表示をさせることを言います。別の言い方ではローカルSEOなどと言われていて、地域情報での検索上位を目指すことを意味しています。

Googleマップで店舗などを検索すると、そのヒットした店舗の情報がサイドバーに表示されますが、MEO対策をすることでそこに上位表示させることを期待できます。例えば、Googleマップで『居酒屋 安い』と検索したときに前もってMEO対策しておけば、自社が運営している居酒屋の店舗名とその情報などがGoogleマップで上位表示されやすくなるということです。

MEO対策するにはGoogleマイビジネスへの登録が必要となります。詳しくは後ほど解説しますが、Google社が無償で提供しているサービスのことで、Googleマイビジネスに自社の情報を登録することでGoogleマップに表示させることができます。

また、一般的にMEO対策というとGoogleまたはGoogleマップ以外の検索エンジンは、紐づかれていないことも特徴です。MEO対策と同じような検索エンジンでの上位表示させるものにはSEO対策がありますが、SEO対策の場合ではGoogle以外の検索エンジンも対象になります。しかし、MEO対策の場合には、一般的にGoogleマップでの上位表示させるという捉え方をされています。

MEO対策を行う理由

スマートフォンを確認する

Googleマップに検索結果の上位表示

MEO対策を行う最大目的は、Googleマップでの検索上位をさせることです。冒頭からも紹介していますが、Googleマップで上位表示されれば自社のホームページへの誘導なども期待できます。また、飲食店などを運営している企業であれば、そのままユーザーを店舗に導くことも期待することができます。そのため、一般的なSEO対策よりもMEO対策のほうが直接のコンバージョンにも繋ぐことができます。

ターゲットユーザーの集客

GoogleマップでMEO対策をすることで、ターゲットユーザーへの集客を期待することができます。そのため、飲食店などでは直接の売り上げアップに繋ぐことができ、費用対効果が十分確保されたWebマーケティング対策になります。

Googleマップでの検索ユーザーは一般的なWeb検索ユーザーとは目的意識が少し異なり、地域や業種で検索されることが多いいです。例えば『東京 カレー』といった地域と飲食メニューで検索される特徴があります。また、強い訪問意識を持った検索ユーザーが多いのもGoogleマップの特徴です。そのため、それらのターゲットユーザーを集客することもMEO対策を行う理由になります。

また、ローカルな飲食店、美容院、小売店などにとっては、Googleマップでの上位表示されることによってWeb広告と同じような効果をもたらすこともできます。

スマートフォンからのアクション

屋外でGoogleマップを使い店舗などを探す際には、一般的にはPCではなくスマートフォンが使われます。また、屋外ではスマートフォンで店舗や施設を探すことが当たり前になってもいます。そのときに、MEO対策をしておけば屋外で店舗を探しているスマートフォンユーザーに対して自社の店舗に誘導することができます。

また、スマートフォンでGoogleマップを使い上位表示されれば、店舗情報の欄には電話番号も記載されているため、そのまま電話予約などへも誘導しやすくなります。

ヴェニスアップデートがされた

ヴェニスアップデートとは検索ユーザーの位置情報が検索結果に反映するGoogleの検索アルゴリズムのことの通称です。2012年にヴェニスアップデートは行われ、それ以前までは検索ユーザーの位置情報までは検索結果に反映されていませんでした。そのため、Googleマップで検索しても検索ユーザーとは違う地域にある店舗なども表示されてしまっていました。

しかし、ヴェニスアップデートされたことによって業種や店舗名のみのキーワードでも検索ユーザーの位置情報と関連性が高い検索結果が表示されるようになったため、MEO対策の必要性や費用対効果が高まって行きました。そのため、SEO対策と同じようにWebマーケティングには重要なコンテンツになっています。

MEO対策のメリットや効果

+(プラス)を描く手

MEO対策の基本的なメリットでは、上記で紹介されている『Googleマップで検索上位される』『集客力のアップ』『スマートフォンでのアクション』が大きなメリットです。

そして、その他のメリットでは以下のようなものがあります。

コストが安い

MEO対策をするにはGoogleマイビジネスへの登録が必要となりますが、そのときの登録料は無料となります。そのため、初期費用はほとんど掛かりません。また、MEO対策と似たものにはSEO対策がありますが、SEO対策ではサイトを一から見直す必要などがあるためコストと時間が掛かってしまいます。一方、MEO対策ではGoogleマイビジネスへ登録するだけでユーザーへのリーチを掛けることができます。

そして、外部発注でのMEO対策業者の料金なども安価なものが多く、成果報酬型の業者が目立ちます。SEO対策業者では月額数十万円と多額のコストが掛かることもありますが、MEO対策業者の場合では1日数千円程度といった業者もあります。そのため、個人事業主などにも向いているWebマーケティング対策とも言えます。

リスティング広告の代用

検索エンジンに表示される広告をリスティング広告と言いますが、Googleにリスティング広告を載せる場合には、Google広告へ料金が発生してしまいます。そのときの費用対効果を考えた場合には、リスティング広告のCTR(クリック率)が重要ですが、そのCTRは年々低くなっていると言われています。

事実、2016年にはGoogleのリスティング広告専用の枠が無くなってしまい、検索表示ページの上部下部への広告表示に限定されています。そのため、Googleマップでの検索上位にできるMEO対策の方がコストは安いため、リスティング広告の代用としてのメリットがあります。

MEO対策を行っている企業が少ない

MEO対策を行っている企業はSEO対策と比べるとまだまだ希薄なため、競合他社と抵触しないというのもメリットになります。SEO対策をするとなると多くの企業を相手にしなければなりませんが、MEO対策では競合する相手は自社エリアの地域に限定されやすくなります。

また、検索ユーザーとしても広範囲のエリア検索よりも、実際の移動を考えるとできるだけ狭い範囲でのエリア検索をします。そのため、MEO対策はローカルSEO対策とも呼ばれていて、比較的簡単に検索上位を狙うことができます。

効果が早く現れる

MEO対策を行っている企業が少ないということは、検索上位への時間も短期間でその効果を現わせることになります。SEO対策などでは、上位表示されるまでには1年以上かかってしまうことも珍しくありませんが、MEO対策ならば数週間という短い期間でも上位表示されやすくできます。

口コミなども閲覧されやすい

Googleマップに表示される店舗情報には、口コミなども掲載されています。そのため、MEO対策で上位表示されれば、多くのユーザーに口コミなどを書き込みしてもらうことも期待できます。

MEO対策は飲食店ばかりではなく歯医者や美容院などにも効果的で、それらの業種では口コミによって集客力が大きく影響してしまうこともあります。そのため、Googleマップで上位表示させることによって自社の口コミを増やし新たな顧客を獲得することもできます。

ストリートビューで店舗内を認識してもらえる

MEO対策をするときにはGoogleマイビジネスに登録する必要があるのですが、一度登録してしまえばGoogleストリートビュー店内版というものを使うことができます。Googleストリートビュー店内版を使えば、自社の店内の様子をGoogleストリートビューの中で表示させることができます。そのときにMEO対策をしておけば、より多くのユーザーに自社の店舗内を閲覧してもらうこともできます。

補足としてですが、Googleストリートビュー店内版の写真撮影は、Google認定のカメラマンによってパノラマ撮影されていきます。

MEOで上位表示させる仕組み

地図とスマートフォン

MEOで上位表示させるには、Googleマイビジネスに記載されている店舗の『関連性』『知名度』『口コミ』『距離』などが大きく関わっていきます。

関連性

検索キーワードと関連性の高いものほどGoogleマップでの検索上位になりやすく、SEOでのアルゴリズムにも似ています。Googleマイビジネスに記載するタイトルや店舗情報が検索キーワードに関連性が高いほど上位表示されていきます。

例えば、新宿にあるラーメン屋を検索しているユーザーであれは『新宿 ラーメン屋』と検索することが多くなります。そのため、Googleマイビジネスに店舗情報を記載する場合には、新宿にあるラーメン屋であることを最低限記載する必要があります。

また、その内容が検索キーワードの関連性が高いほど、検索ユーザーに対しては上位表示されやすくなります。そのため、店舗との関連性の高い内容をGoogleマイビジネスに記載することで、検索上位にランクされることを期待できます。

知名度

店舗の知名度もGoogleマップでの検索エンジン最適化には大きく関わっています。これはSEOとも似ていて、Googleではユーザーに有益な情報であることを基準軸にして検索エンジンでは表示させています。

これはMEOでも同じでことで、ユーザーにとって有益な情報であることを材料にしてGoogleマップの検索表示のランキングを判断しています。そのため、高い知名度を持った店舗や建物などは上位表示されやすくなります。

口コミ

知名度と同じように、口コミや評価スコアが高い方が上位表示されやすくなります。Googleではユーザーにとって有益な情報を提供するということを企業ポリシーとして掲げているため、実際の店舗の口コミや評価スコアなどは検索表示への大きな判断材料となります。

距離

Googleマップで検索しているユーザーとGoogleマイビジネスに登録されている店舗までの距離もMEOでの上位表示に関わっています。

Googleマップで検索する際には、検索エリアが指定されていなければGPSから検索ユーザーのエリアに近い店舗などが上位表示されやすくなります。一方、指定されていればそのエリアで検索した場合に上位表示されやすくなります。

どのようなことかと言うと、実際に新宿にいるユーザーが『ラーメン屋』と検索エリアを指定しない場合には、GPSで判断されるため新宿でのラーメン屋が上位表示されます。しかし、同じ新宿であっても『北海道 ラーメン屋』と検索エリアが指定されていれば、GPSでの判断ではなく北海道でのラーメン屋が上位表示される仕組みとなります。

MEO対策の方法

机の上のノートやPC

MEO対策の方法は、まずはGoogleマイビジネスへ登録する必要があります。その上でGoogleマイビジネスへの自社の店舗情報を充実させることが、MEO対策の方法となります。

Googleマイビジネスへの登録する

Googleマイビジネスの登録方法はそれほど難しくありません。登録料金も無料なので個人事業主なども初期費用なく始めることができます。ただ、その際にはGoogleアカウントが必要なるので事前に作っておく必要があります。

登録する場合には以下のようなものを登録していきます。
『ビジネス名』『住所』『連絡先』『サービス提供地域』『ビジネスカテゴリー』

これらの必要項目をすべて記入して、完了ボタンを押せばGoogleマイビジネスに登録することができます。このときの『ビジネス名』『住所』『連絡先』はGoogleマイビジネスに登録の中でも正確に登録する必要があり、表記ゆれがないようにすることもMEO対策になります。

Googleマイビジネス:https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

また近年、ビジネス名に「日本一○○」「○○に強い!」などキャッチコピーを入れることを推奨する悪質な業者が増えているようなので、外注で対策を行う場合は十分注意するようにしましょう。ガイドラインに違反し、通報を受けた場合はペナルティが発生してしまい、逆効果になってしまいます。

Googleマイビジネスの店舗情報を充実させる

Googleマイビジネスへの店舗情報を充実させることは、検索上位をするためにも必要なことになります。飲食店であればメニューや営業時間などを細かく記載することで、検索キーワードにもヒットさせやすくなります。

また、実際の店舗や料理・商品などの写真を数多くアップすることも、MEO対策になります。ユーザーからの投稿でも写真をアップすることができますが、まずはオーナー自らが率先してアップする必要があります。

知名度を意識する

店舗や施設の知名度はMEOでの直接の影響を受けるものになるため、オンライ・オフラインに関わらず知名度を意識することで検索上位もおのずと狙うことができます。SNSや外部のサービスサイト(食べログなど)への登録をすることでも、知名度を上げることができます。

口コミを増やす

口コミを増やすことも知名度を上げる効果があるため、MEO対策に繋げることができます。口コミを増や方法には、投稿された口コミに対してしっかりと返信するということがポイントになります。

また、悪い口コミであってもレスポンスをしっかり行い、それをユーザーとのコミュニケーションに繋げれば口コミの数も増やすことを期待できます。特に、飲食店などは口コミによってユーザーは判断している場合も多く、直接の新規顧客にも繋がります。

そのため、口コミの数が多い店舗や施設ほどユーザーにとっては有益な情報を得ることができるので、Googleマップでも検索上位にも直接つながることになります。

まとめ

車内でスマートフォンの地図を確認する

MEO対策は個人事業主などでも簡単にできる集客手段です。SEO対策では多額のコストが掛かることがありますが、MEOならば初期費用もやすく複雑な作業も要求されません。
そして、スマートフォンが拡充したことによってGoogleマップでの検索上位を狙うことは、リスティング広告以上の効果も期待できます。そのため、競合他社が少ないMEO対策をいち早く取り込むことが重要になります。

WEBでのお問い合わせはこちら