5Gの幻想的なイメージ

5Gになったら何が変わるの?基本からわかりやすく解説!

5Gの幻想的なイメージ

いよいよ、「4G」から「5G」に移り変わるタイミングが近づいてきました。多くの人が5Gに対して、強い興味を持っています。とは言え、「そもそも5Gとは何か分からない」という人も多いのではないでしょうか。また、「4Gから5Gに移り変わったとして、何が変わるのか?」という疑問を持っているもいるでしょう。本記事では、5Gの基本的な概要と、5Gがもたらす変化について、詳しく解説します。

5Gとは

5Gでタブレットを操作するイメージ

5Gとは「第五世代移動通信システム(5thGeneration)」のことを指します。簡単に言えば、現在使われている4G、LTEの次世代版といったところです。大きな特徴として、

  • 高速通信
  • 遅延が少ない
  • 多接続

の3つが挙げられています。

5Gは、4Gと比較して技術的な進歩がたいへんに大きいものです。したがって多くの人が、5Gが生活やビジネスにもたらす変化に期待を寄せています。

インターネット上でのトラフィック(データの通信)量は、増加傾向にあります。4Kや8Kなどの容量の大きなコンテンツの登場、デバイス数の増加が原因です。しかし、増加するトラフィック量に対して、4Gでは対応できなくなりつつあります。したがって増加したトラフィック量に対応するため、5Gの導入が進められている、というわけです。

5Gでできること、可能になること

5Gで大容量の通信が可能になるイメージ

4Gから5Gへと移り変わると、今までは不可能だった多くのことが可能になります。5Gだからこそできること、可能になることはたくさんあります。中でも注目を集めている点は、下記3点です。

大容量の通信ができるようになる

5Gは、4Gでは実現できなかった大容量の通信が可能です。詳しくは後述しますが、5Gが持つ回線速度は、4Gの約1,000倍です。したがって今まででは考えられないようなサイズのデータがやりとりされるようになります。特に動画再生は、よりスムーズかつ高画質になります。4Kや8Kなどの超高画質も、快適に視聴することが可能です。

また長時間にわたる動画も、難なく視聴できるようになります。何十時間という尺の動画でも、ストレスなく楽しめるようになるでしょう。4Kや8Kよりも低い画質の動画であれば、さらにスムーズな視聴が可能です。つまり今まで以上よりもはるかに快適な動画視聴が実現されるというわけです。5Gの導入により、静的コンテンツに代わって、動的コンテンツが主流になることが予想されています。

また通信障害などのアクシデントも起こりづらくなります。アクシデントに対応するためのコストが削減される分、インターネットサービスもさらに拡充されるでしょう。

高度な遠隔操作ができるようになる

5Gを利用することで、今まで以上に高度な遠隔操作ができるようになります。なぜなら5Gが「超低遅延」という特徴を持っているから。超低遅延とは、「通信におけるタイムラグが小さい」ということです。5Gにおけるタイムラグは0.001秒程度になると予想されています。

つまり、今までタイムラグがあってできなかったことが、できるようになる、というわけです。実生活における例を挙げれば、オンラインゲームなどにおいて、タイムラグの圧縮がメリットを発揮します。超低遅延により、タイムラグが原因のストレスに悩まされる機会が大きく減ります。

また産業、工業などでも、超低遅延は活かされるでしょう。各種機器を遠隔操作する際に、タイムラグが圧縮され、より精密な操作ができるようになります。

大量の機器が同時接続できるようになる

5Gでは、インターネットに対して、大量の機器を同時接続できます。大量の機器が同時に接続するということは、簡単に言えば「回線待ち」が起こりづらくなります。たとえば回線が混雑しがちな時間帯においても、通信速度が遅くなるといった現象は少なくなります。

またイベントなど、多くの機器が同時にインターネットへと接続する状況では、通信速度が低下しがちです。しかしこれも5Gであれば大きく改善されます。大量の機器が同時接続できるようになることで、いかなる状況でも快適な通信が実現できます。

また「IoT(Internet of Things)化」のニーズに対応している点も見逃せません。IoTとは、さまざまな設備や機器を、インターネットへつなぐ、という意味です。今まではインターネットに接続できなかったものが、接続できるようになります。さまざまのものがワイヤレスで接続されるようになり、生活の利便性向上に貢献する、と予測されています。

5Gと4Gの違いを解説

4Gから5Gへ飛び乗るイメージ

5Gと4Gの間には、当然違いがあります。その違いがあまりにも大きいので、5Gはたいへんな注目を集めているわけです。下記では4Gと5Gの違いを詳しく解説します。

通信速度の違い

もっとも顕著な違いは、通信速度です。現在使われている4GやLTEの下り最大通信速度は、ベストエフォートでも1Gps程度です。しかし5Gは、下り最大通信速度が20Gbpsに達すると言われています。つまり数値上では、5Gは4Gより20倍通信速度が速い、というわけです。一般的な備え付けタイプのインターネットプロバイダサービスでも、ベストエフォートは1Gbps程度。

これらと比較すると、いかに5Gの通信速度が革命的かよくわかるでしょう。もちろん5Gも、常にベストフォートで通信するわけではありません。しかし現在の環境も、基本的にはベストエフォートで通信しているわけではないのです。したがって、やはり5Gであれば、4G環境における20倍の通信速度を体感できる、ということになります。

同時に接続できる機器の数が違う

同時に接続できる機器にも、大きな違いがあります。4Gの場合は、1平方キロメートルあたりについて、同時接続できる機器の数は1万個程度した。しかし5Gの場合100倍以上、つまり100万個以上の機器を同時に接続することが可能です。

遠隔の通信でも遅延しづらくなる

4Gでは、1000分の27秒ほどタイムラグがありました。
対して、5Gは、さきほども触れましたが超低遅延という特徴を持っています。通信におけるタイムラグは、1000分の1秒以下と非常に小さく、遠距離通信でもずれが生じにくいです。一般的な利用方法においては、4Gで発生するタイムラグは、さほど問題とはなりません。

しかしオンラインゲームや自動制御運転、工業機械の遠隔操作において、1000分の27秒というタイムラグは致命的でした。タイムラグが1000分の1秒まで圧縮されたことにより、通信を利用した技術がさらに拡大するというわけです。4Gと5Gのタイムラグの違いは、それほどまでに大きい存在であるということです。

5Gはいつから利用できるのか?

4Gから5Gへ移行するイメージ

5Gがいつから利用できるのか、気になる人は多いでしょう。下記では予定されている利用開始のタイミングについて解説します。

三大キャリアで5Gが利用できるようになる時期

「Softbank」「DoCoMo」「au」が5Gのサービスを提供する時期は、2020年と予定されています。少なくとも東京オリンピック開催までにはサービスの提供を開始するという姿勢です。ちなみに5G対応のスマートフォンは、2019年以内に入手することができます。5G対応のandroidが2019年に発売される予定です。iPhoneについては、5G対応は2020年以内となると予測されています。Apple社が新作を発表する周期に基づいて、この予測は立てられています。

その他キャリアや機器で5Gが利用できるようになる時期

その他のキャリアや、各種機器で5Gが利用できるようになるには、少し時間がかかりそうです。まず3大キャリアが5Gのサービスを提供した以後になります。格安SIMなどは3大キャリアの回線を間借りしているケースが多いです。したがって3大キャリアによる回線の貸し出し体制が整ってから利用できるようになる、と予測されています。

海外ではすでに使える

実は海外においては、すでに5Gが使われています。アメリカの大手通信会社・「ベライゾン・コミュニケーション」が、一部の州で5Gを実用化。また韓国でも、大手通信会社3社が5Gに対応したスマートフォンをリリースしています。両国では、5Gはすでに好評を博しています。

5Gを生かしたビジネスとは

5Gを様々なものに活用するイメージ

5Gは、一般的なユーザーの生活のみならず、ビジネスにも大きな影響を与えると予測されています。5Gが与える影響は多岐に渡ります。たとえば下記のような形で、ビジネス上で5Gは活かされるでしょう。

高度な医療サービス

医療分野においては、5Gを使った「遠隔医療」の発展が期待されています。4G時代よりも、圧倒的に正確かつ多くの情報を高速でやりとりできるため、遠隔医療が発展すると予測されているわけです。具体的には患者の症状を4Kおよび8Kで高速転送する、などが考えられます。つまり「遠く離れている患者を診療できる」ということが実現される可能性があります。

5Gが使われた遠隔医療については、すでに和歌山県立医科大学が実験を実施しています。診療所から和歌山大学医科大学へと4K画質でデータを転送するという形を、すでに実現しています。また4K画質のデータを共有しつつ、双方のドクターでやり取りする、ということもできています。まだ現実性は高くありませんが、「遠隔手術」も本格化する可能性があります。

すでにスペインでは、5Gを使って遠隔手術を成功させた、という事例がありました。事例では、5Gが持つ特徴のひとつである超低遅延が大いに役立ちました。本事例においては、医師が手術を実施する執刀医へと、遠隔で指示するという形が取られました。遠隔での指示におけるタイムラグは、わずか0.01秒。執刀医の真横に医師がいる状態と、ほとんど変わりがありませんでした。さらに研究が進めば、人ではなくロボットに指示を出して遠隔手術を実施する、ということも可能であるとされています。

より精密な運転補助機能が搭載された自動車

自動車ビジネスは、5G導入による恩恵を多く受けると予測されています。なぜなら、より精密な運転補助機能を開発することができるからです。現在の運転補助機能は、自動車本体に積み込まれたコンピュータによって動作しています。しかし積み込まれたコンピュータ単独では、限界があります。しかし5Gを利用すれば、いわゆる「クラウドコンピュータ」に接続することが可能です。クラウドコンピュータに接続できれば、より精密な運転補助機能が実現できます。現在の運転補助機能は、道路混雑時など複雑な状況を解決することができません。しかし5Gがあれば、リアルタイムで交通状況などを取得できるようになり、複雑な状況もクリアできます。ちなみに「無人自動車」の実現も視野に入っています。法的にも技術的にも超えるべきハードルはありますが、決して不可能ではありません。近い将来、無人自動車が流通を担うようになる可能性もあります。

あらゆる形での新しい映像コンテンツ

大容量通信ができるようになるため、映像コンテンツビジネスはさらに成長すると考えられています。インターネットによる動画配信サービスなどは、高画質かつ高速で視聴できるようになります。よりすぐれたクオリティ動画を、手軽に楽しめるようになるでしょう。

またVR産業などにも、大きな影響を与えると予測されています。より優れたVR技術が開発され、限りなく現実に近い視覚的体験を得られるようになるでしょう。

個人レベルまで落とし込めば、YouTubeへの動画投稿などにも影響するでしょう。個人でもハイクオリティな動画を簡単に作ることができるようになり、YouTuberという職業もより一般的になるかもしれません。

建築分野における自動化

建築分野においては、ロボットアームやドローンを利用した自動化が進むでしょう。たとえばドローンを高い操作性で操り、3D地図を作成する、などの運用が考えられます。ロボットアームを遠隔操作し、危険な場所でも精密な作業を進めることもできます。建築会社が自前で5Gを活かした技術を開発し、ビジネスを発展させることはもちろんです。しかしそれ自体を代行するような、新しいビジネスモデルも生まれると予想されています。

また建築分野においては、メンテナンスにまつわるコストが問題となりがちです。しかしメンテナンスについても、5Gを使った技術によって合理化されるでしょう。したがってメンテナンスにまつわるコストが圧縮される、ということも期待されています。

まとめ

スマートフォンで様々なものと繋がるイメージ

5Gとは、簡単に言えば4Gの後継システムです。とはいえ5Gは、4Gとは比較にならないほどのポテンシャルを秘めています。やはり「通信速度」「同時接続できる端末数」「超低遅延」という3点は、4Gから飛躍的に進化しています。5Gによるサービスが始まれば、個人の生活やビジネスに大きな変化が訪れることは必至です。より優れた運転補助機能や、機器の遠隔操作、動画コンテンツの成長などが期待されます。

5Gの導入は2020年、東京オリンピック開催まで、と予定されています。5Gによる革新的な通信技術の変化は、そう遠くはありません。

WEBでのお問い合わせはこちら