虫眼鏡

Google Discoverとは?SEOとの関係性まで解説!

虫眼鏡

ウェブサイトへの集客を狙うなら、まず念頭に置くのはSEO対策です。評価が高いサイトであれば、Googleはより検索上位にコンテンツを表示し、ユーザーの流入を加速させてくれます。

しかし、より圧倒的な爆発力を見せる機能がGoogle Discoverです。自身がいちユーザーとしてGoogleアプリを閲覧しているとき、知らず知らずのうちに目にしているでしょう。

サイト運営者の立場になった時、自身が制作したサイトがGoogle Discoverに掲載されることは大きな意味を持ちます。SEO対策について学んでいる人なら、併せて知っておくべき知識なのです。「Google Discoverって何?」「どんな効果があるの?」そんな初心者の人のため、基本的な知識と押さえておきたいポイントをまとめました。

Google Discoverとは

望遠鏡を覗く少女

「より多くのユーザーの注目を集め、自分のサイトに訪れて欲しい」そう考える人がgoogleの機能について調べているうちに、たどり着くのが『Google Discover』というキーワードではないでしょうか。

とくにSEO対策について調べ始めた初心者の人の中には、いまいちピンとこないという人も多いでしょう。まずはGoogle Discoverとは何なのか、基本的な情報を知っていきましょう。

モバイル向けに搭載された機能

Google Discoverは、モバイル端末でGoogleアプリを立ち上げるか、同じくモバイルでgoogle.comにアクセスすることで表示することができる機能です。

ユーザーの検索履歴のほか、現在地やよく行く場所、デバイス情報などの情報をヒントにして「ユーザーが興味を持っている・持つ可能性がある」とGoogleが予想できるコンテンツを表示してくれます。

さらに、表示内容はリアルタイムで変化します。時間経過と検索結果の変化を読み取り「今その瞬間、ユーザーが必要だと感じているコンテンツ」を表示しようとするのです。iPhoneにもAndroidにも対応しており、Google Chromeアプリにも搭載されているため、一度は目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。ページの概要とサムネイル画像が載せられたカードが連なって表示され、タップすることで該当するサイトに移動することが出来ます。

最も大きな特徴は、ユーザーがキーワード検索していないにもかかわらずコンテンツが表示されるということです。今まではユーザーの自主的な検索行動を待つことしかできなかったことを考えれば、革命的な変化といえるでしょう。

ユーザーは自分好みに表示を変えられる

Google Discoverは手動で設定を変えることにより、さらにユーザーの好みに近づけることが出来ます。気になるジャンルのコンテンツをフォローし、逆に興味のないコンテンツは非表示にできるのです。Google Discoverそのものを非表示にすることも可能となっています。

Google Discoverに掲載される効果

驚く女性

Google Discoverは、ユーザーの嗜好に近いものを自動で表示してくれる機能だということは分かっていただけたのではないでしょうか。しかしながらGoogle Discoverが重視されている一番の理由は、サイトに対する影響力です。なぜサイト運営者がGoogle Discoverの掲載にこだわるのかを説明します。

短期間でユーザーの爆発的流入が可能

Google Discoverに採用されれば、通常の自然流入よりもずっと多いユーザーを短期間で集めることが出来ます。さらに注目すべきは、Google Discoverで集まったユーザーは嗜好が似通っており、共通した他のコンテンツにも同じように興味を抱く可能性が高いということです。

自分が類似した複数のコンテンツを持っている場合、サイト同士をリンクで繋げることでユーザーを回遊させ、さらに閲覧数を増やすことが出来るでしょう。ユーザーが集まってくることにより、ますますGoogleからの評価は高まります。SEO効果も見込め、理想的なスパイラルが出来上がります。

「Google砲」と呼ばれることも

あまりの効果の大きさに、巷ではGoogle砲という呼び方までついているほどです。今までのアクセス数をひっくり返すほどの凄まじいインパクトの表れと言えるでしょう。

誰にでもGoogle Discoverに取り上げてもらえるチャンスがある

Googleアプリのトップ画面に表示されるという特別感から、一般人の制作したコンテンツなんて選ばれないのではないかとあきらめてはいないでしょうか。

特定のジャンルの有名人や、すでに多くの人気サイトで記事を数多く制作している人が優先的に表示されるのかと思いきや、実際は全くそんなことはありません。Google Discoverに優先的に取り上げられるための条件さえ満たしていれば、誰にでも掲載される可能性が十分にあるのです。

むしろ、世間的にあまり知られておらず集客に苦労している一般の人ほど、Google Discoverの恩恵を受けるために創意工夫を行っています。きちんと対策をとっている人はGoogle Discoverに掲載される可能性は高いでしょう。

Google Discoverのアクセス確認方法

PCでグラフを確認する様子

Google Discoverにより通常より多くのユーザーを呼び込むことが出来るとはいえ、実際に自分の目で結果を見る方法が分からなければ、効果検証ができません。Google Discoverからどれだけのユーザーが流入したのかを確認するための方法を紹介します。

『Googleサーチコンソール』でサイトのパフォーマンスを確認しよう

Googleサーチコンソールとは、Googleのサイト解析サービスです。無料提供されているため誰でも使うことが出来ます。自分のサイトを登録・設定すれば、パフォーマンスが一目瞭然です。

検索パフォーマンスの項目にある『検索結果』は、サイトがどれだけ閲覧されたかを確認できます。ユーザーがどんなキーワードでサイトにたどり着いたか、何回クリックされて何回表示されたか、クリック率はどのくらいか、掲載順位は何位か、などが確認できるため、効果測定につかえます。

これに加え、新項目の『Discover』を確認しましょう。その名の通り、Google Discoverでの表示回数やクリック数などが確認可能です。

この2つの結果を見比べれば、今までの通常検索でどれだけ集客していたか、Google Discoverに掲載されたことでどれだけの変化があったのかを検証できます。

Google DiscoverとSEOにはどんな関係があるか

虫眼鏡とPC

Google Discoverの絶大な効果を知るほど「ユーザーを集めるならGoogle Discoverにこだわりさえすれば、SEO対策なんてしなくてもいいのでは?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

確かに、ユーザーの検索行動に結果が委ねられるSEO対策よりも、Google Discoverの方が効率的で効果的なように思えます。しかし、Google DiscoverとSEO対策の根底には共通の考え方があるのです。二つの間には一体どんな関係性があるのかを見ていきましょう。

SEOへの取り組みがGoogle Discover採用の基準

SEO対策をすることで、おのずとサイトはGoogleから高評価を受けるようになります。Google Discoverに取り上げられることを狙う上でも、SEO対策をきちんと行っていることは有効です。

ユーザビリティを重視したサイト構成であり、かつユーザーの求める情報が豊富に盛り込まれていると、高品質のサイトだと判断されるでしょう。Googleは、よりユーザーに興味を持たれており、かつユーザーの役に立つコンテンツをGoogle Discoverに表示させようとします。根底の理屈は同じなのです。

Google Discover一点集中は危険!地道なSEO対策が基本

Google Discoverに採用されることによる効果は大きいものの、短期的です。その後も集めたユーザーを手放さない工夫をするなどして効果の一部を持続させることは可能であるものの、波が引くようにユーザーは流出していくでしょう。

採用されれば大きな結果が得られるものの、Google Discoverだけを頼りにするのはあまりに不安定です。何度も安定して掲載を狙うことは難しいでしょう。あくまでGoogle検索からユーザーを集めることを基本にし、地道なSEO対策をすることで、安定した集客力が見込めるのです。

Google Discoverに掲載されるには

PCのキーボードの上に乗ったはてなのブロック

Google Discoverの威力について知ったことで「ぜひ自分も掲載を狙いたい」と感じたのではないでしょうか。具体的にどんな取り組みがGoogle Discover対策になるのかを紹介します。

共通しているのは、Googleが重視している「ユーザーのことを第一に考え、利便性が高く、ユーザーの利益になるかどうか」という観点です。

SEO対策ができていること

SEO対策することで、Google Discoverに取り上げられる可能性が高まります。とはいえGoogle Discoverへの掲載だけを考えると、本格的なSEO対策よりもハードルは低い傾向があるのです。

例えばSEOを意識する場合、情報量の豊富さが重視されるため、ある程度の文字数は確保しなければならない、と言われています。

ところが、過去にGoogle Discoverに取り上げられたコンテンツを確認すると、500文字前後の文字数に留まる記事も多数見られたのです。

そのため、記事に分かりやすいタイトルが付けられている文章メインのサイトであることと、記事に一貫性があるという点をおさえられていれば、第一関門はクリアといえるでしょう。まれに、インパクトのあるタイトルで注目を集め、実際は異なる記事を掲載している……という、タイトル詐欺ともいえるサイトもありますが、Googleからの評価は下がってしまいます。

さらに、定期的にサイトを更新したり、最新のトピックスを取り扱ったりするのも効果的です。常にユーザーの興味を惹くことを心がけましょう。制作日、更新日の日付を入れておくのもおすすめです。

インデックス登録されていること

忘れてはならないのがインデックス登録されていることです。Googleに自分のサイトのページが登録されていなければ、Google Discoverに掲載されません。

Googleには、インターネット上のサイトを巡回してインデックスするプログラム『クローラー』があります。自分のサイトにクローラーが訪れれば、インデックスされるというわけです。クローラーがサイトにたどり着きやすいように、他のサイトに新しいサイトのリンクを貼り付けると良いでしょう。リンクが多ければ多いほど、クローラーは頻繁に訪れることが出来ます。

Googleに早くインデックスしてもらうために

Googleの『Search Console』のページの『URL検査』からリクエストを送ることで、インデックス登録を早めることが出来ます。インデックスに登録されれば、Googleで検索した際に自分のサイトが表示されるはずです。

画質の良い画像を使用している

特にユーザーの目に一番に止まるアイキャッチ画像の画質にはこだわりましょう。横幅1200ピクセル以上の大きな画像がおすすめです。1200ピクセル以下でもGoogle Discoverに掲載されることはありますが、より可能性を高めることが出来ます。

Google Discoverに採用されたときに表示される画像が高画質であれば、よりユーザーの興味を惹くことが出来るのです。Googleの発表によると、サムネイル画像ではなく大きな画像がGoogle Discoverに表示されると、ユーザーの行動に変化が生じます。サイトクリック率が5%、サイトの閲覧時間3%、さらに満足度が3%UPするとされているのです。

画像はモバイルページを高速表示する手法『AMP』に対応するか、Google Discoverの公式サイトフォームから申請しておきましょう。

Google Discoverの申請フォームはこちら

制作者の情報を開示しておく

制作者が誰か分かるようにしておくことで、サイトの信頼性が高まります。個人情報保護の観点から出せる情報には限りがあるものの、制作者名や住所、メールアドレスや電話番号が推奨情報の例として挙げられています。

自身の店や事務所、会社などの所在であれば公開しても良い、という場合は対応しても良いのではないでしょうか。

必要以上に広告を掲載しない

アフェリエイト目的に広告を多く掲載したいと考える人もいるかもしれませんが、メインはあくまでもサイトの記事です。サイトの記事を目的に訪れたユーザーにとって、興味のない広告があまりに多く掲載されているサイトは使いにくいものです。

Googleのニュースコンテンツポリシーにも明記されているため、注意しましょう。

Googleニュースが禁止するコンテンツがある

Googleニュースが禁止しているコンテンツを取り上げている記事は、Google Discoveの対象外です。露骨な性的描写や暴力的表現、違法性や危険性のあるコンテンツはまず取り上げられません。ユーザーが不快に感じるコンテンツや嘘が書かれた内容、嫌がらせやいじめにつながるものも外されます。さらに、スポンサーのコンテンツやスパム、不正ソフトウェアのコンテンツも対象ではありません。

出だしはSNSなどにより集客する

サイトを制作したら、できるだけ短期間で多くのユーザーを集めることを狙いましょう。初動が良いほどGoogleに注目されます。「今話題のトピックスである」「ユーザーに支持されている」と判断されれば、Google Discoverに採用される可能性が高くなるのです。

まとめ

Discover

Google Discoverは、検索キーワードを入力しなくてもユーザーの気になる情報を表示させるという画期的な機能です。うまく利用することで、自分の作ったコンテンツに興味を持ってくれるユーザーを効率よく、大量に集めることが出来ます。

採用を狙うには、基本的なSEO対策に集中することが大切です。ユーザーのためになる記事を書き、Googleから高評価されるサイト作りを目指しましょう。Google Discoverの精度はこれからブラッシュアップされると言われており、さらに掲載基準も今後変化する可能性があります。今後もGoogle Discoverの動きに注目です。

WEBでのお問い合わせはこちら