パズルのピースを合わせる

LINE@と公式アカウントが統合!機能詳細や料金について。

パズルのピースを合わせる

2019年春、中小企業や店舗向けにサービスを展開していた「LINE@(ラインアット)」は「LINE公式アカウント」にサービス統合されました。ビジネスにおいて、一般ユーザーへのメッセージの一斉送信や全体通知など、顧客とのコミュケーションツールとして利用されることの多かったLINE@。

今回のLINE公式アカウントへの統合で私たちユーザーにどのような変化が現れるのでしょうか。

LINE@とLINE公式アカウント統合の背景とは

スマートフォンを見る女性

統合以前、LINE公式アカウントは大企業向けのサービスとして、約500アカウント登録をされていました。一方でLINE@は中小企業や店舗向けのサービスとして承認アカウント、一般アカウント併せて300万アカウントもの登録者数を誇りました。
今まで公式アカウントやLINE@のサービスを利用したことがない方でも、一般のユーザーとして情報配信や予約等のやり取りをこれらのアカウントとした経験のある方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

2019年現在、日本国内でのLINEの利用登録者数は7800万人を超えています。利用者数が増加していくにつれて、企業や店舗が顧客の見込みがある一般のユーザーに、また、一般ユーザーも求める情報を得ることのできるアカウントを見つけやすくしていきたいという声が高まってきました。
また、LINE公式アカウントは高機能で企業のブランドイメージを一般ユーザーにアピールする大きな役割を果たしてきました。一方で、アカウント登録時に高額な費用がかかる上に、月々の利用料も比較的高額なため、中小企業や店舗には手の出せないサービスでした。大企業であってもその利用料金の高さから、ブランドごとなど、複数のアカウントを持つことは難しいという実情がありました。
LINE@に関しても安価で手軽に登録ができる反面、機能はほぼ一般ユーザーへのメッセージ一斉送信のみと利用できる機能が少なく、欲しい情報を持っているユーザーと繋がりにくい状況でした。そのほかにも、その手軽さが故にアカウントを持つことによるブランドイメージの構築の効果は希薄でした。

そこでLINEを運営するLINE株式会社は、LINEのビジネスアカウントを持つ企業や店舗と一般ユーザーの双方向コミュニケーションを可能にし、長期的な関係性を築く機会を増やすべく、今までのサービス内容を再構築することになりました。その結果、LINE公式アカウントとLINE@の統合により、複雑に分かれていた機能をシンプルにし、より多くの企業や店舗が様々な機能を安価で使用できるようになるようになりました。

移行スケジュールや移行後のプランはどうなる?

プランと書かれたノート

新しいLINE公式アカウントへの移行はすでに開始しています。2019年4月18日から8月18日の間でシステムの移行が可能です。自動的に移行がされるという訳ではなく、LINE@を使用しているユーザーの任意のタイミングで申し込みをし、新たな公式アカウントのサービスを使用できるようになります。

LINE公式アカウントのプランはフリー、ライト、スタンダードの3種類です。
移行後のプランはLINE@でどのプランを利用しているかで変わってきます。LINE@でフリープランを利用している場合、移行後は公式アカウントのフリープランに移行されます。
LINE@で有料プランを利用している場合は、公式アカウントのフリー、ライト、スタンダードの3つのプランから選択をすることができます。

移行の際の注意点が2点あります。まず1つ目に公式アカウントへ移行中は、移行が完了までLINE@のサービスは利用できなくなります。所要時間は最短で数十秒ほどですが、場合によっては最大で数十分かかる場合があるため、必要な操作は済ませてから移行をするようにしましょう。
2つ目は8月18日までに移行をしなかった場合、強制的に公式アカウントへ移行をされます。その際、利用しているLINE@のプランに関わらずフリープランに移行されてしまいます。有料プランでLINE@を利用しているユーザーは特に注意が必要です。

※参照:LINE@のサービス統合の紹介ページ

新「LINE公式アカウント」の機能とは

チェックリスト

新しいLINE公式アカウントの基本機能は大きく分けて次の8つです。

メッセージ配信
タイムライン投稿
チャット機能
リッチメッセージ
リッチメニュー
ショップカード
クーポン抽選機能
レポート機能

1.メッセージ配信

友だち追加をしたユーザーにメッセージを送ることができます。性別、年齢、居住地によってセグメントすることが可能となっているので、より集客につながりやすい情報の配信をすることができます。

2.タイムライン投稿

友だち登録をしているユーザーのタイムラインに情報を投稿することができます。通常のメッセージとは異なり、タイムラインの投稿はシェアすることが可能なので、登録している友だちよりも広い情報の配信を期待することができます。

3.チャット機能

一般のLINEと同じようにユーザーとチャットすることができます。ユーザーからの問い合わせに迅速に対応することができます。パソコン、スマートフォンどちらからでも利用可能です。

4.リッチメッセージ

通常の文章だけのメッセージとは異なり、画像や動画と連動したテキストメッセージを1つの吹き出しにまとめて配信することができます。視覚的効果が大きいため、通常のメッセージに比べて多くの情報を配信することができます。

5.リッチメニュー

ユーザーが公式アカウントのトークを訪れた際に、画面下に大きくメニューが表示されます。それがリッチメニューです。画面を大きく占有するため、自社サイトへのアクセスを促す効果が期待できます。

6.ショップカード

ポイントカードを作成、発行することができます。紙媒体のポイントカードでありがちな紛失やカード忘れを防ぐことができ、リピート率の向上に役立たせることができます。

7.クーポン抽選機能

LINE上でクーポンや抽選を作成できる機能です。来店を促せるのはもちろんですが、どの程度この機能をユーザーが使ったかを測定し、管理画面で確認ができるため、効果の分析も可能です。

8.レポート機能

友だち追加数やメッセージ配信数、クリック数を確認することができます。数値として効果やユーザーの反応を確認できるため、今後の施策の参考にすることができます。

この他にも、オプションとしてAPI機能やプロモーションスタンプなど、様々な機能を使用することができます。

※参照:LINE公式アカウント2019年10月-12月媒体資料_ver1.0

新「LINE公式アカウント」の料金とは

電卓とカレンダー

新しいLINE公式アカウントでは料金体系がシンプルになり、フリープラン、ライトプラン、スタンダードプランの3つになりました。プランごとの料金は下記のようになっています。

料金プランフリープランライトプランスタンダードプラン
月額無料5,000円15,000円
無料メッセージ数1,000通15,000通45,000通
追加メッセージ料金追加購入不可5円/1通~3円/1通

LINE for Business料金プランページより抜粋

プランごとに月々に無料で送信できるメッセージ数が決まっており、それ以上のメッセージを送る場合は追加で送信した数だけ課金されていくというシステムです。
フリープランは月額無料ですが追加メッセージを送ることができないので注意が必要です。

スタンダードプランの追加メッセージ料金は追加の配信数によって変動していきます。追加が5万通までは1通につき3円、5万1通から10万通までは1通に月2.8円と追加する件数のレンジごとに料金が決まっており、積算で費用を算出する仕組みです。
追加のメッセージ配信数が多ければ多いほど1通の料金は安くなっていきます。

今後の新「LINE公式アカウント」活用のポイントとは

スマートフォンを操作する人の手

LINE@よりも機能が増えた分、顧客となるユーザーへのアプローチの手段も多くなりました。前述の機能を駆使することによって新規顧客はもちろん、リピーターの定着も狙うことができます。具体的にLINE公式アカウントの活用事例から活用のポイントを見ていきましょう。

storia.f(ストーリア)

香川県高松市を中心に店舗展開をしている美容室storia.fは、無料のLINEのセミナーをきっかけにLINE公式アカウントを導入しました。
LINE公式アカウントの導入により、電話やメールの対応や新規顧客へのハガキの送付をLINEでの作業に移行しました。その結果、ハガキのコストダウンはもちろん、顧客対応の手間が少なくなり、スタッフの生産性が向上しました。

予約にLINEのチャット機能を使い始めたところ、顧客とのコミュニケーションを継続的にとることができ次回予約率が大幅に向上。次回予約率は70%以上、新規顧客の再来店率も60%を超えるようになったといいます。2019年現在ではLINEでの予約がほぼ100%を占めるようになりました。
スタッフの研修や技術向上のためのモデル探しも今までは数日かかっていたところが、LINEで募集をかけると数分で見つかるようになりました。

事例:storia.f(ストーリア)

イオン吉川美南店

食料品や日用品を扱う大手チェーン店舗のイオン吉川美南店。近隣にライバルとなる大型商業施設も多くある中、LINE公式アカウントの導入で上手く集客につなげています。

試供品のプレゼント企画をLINEで配信したところ、そのメッセージの開封率は友だち登録されている顧客の25%、そして10%の顧客が実際に来店した実績があります。
その他にも、「お玉お菓子すくい」というファミリー向けのイベントで抽選機能を使い、当たりが出たら通常のお玉を大きなお玉に変更にし、好評を得たということです。

配信の裁量はマーケティング部を通さず、店長自らが企画、実行をしているといいます。それによってタイムリーな情報を配信することができ、より顧客のニーズに合わせた宣伝が可能になりました。

事例:イオン吉川美南店

チチカカオンラインショップ

全国で100店舗を展開し、中南米をモチーフにした衣類や雑貨を取り扱っているチチカカはスマートフォン普及率が携帯電話利用者の6割を超えたタイミングでLINE公式アカウントの利用を始めました。
友だち20万人達成時のキャンペーンで配信した「オンラインショップ限定1500円オフクーポン」は開封率が50%にも登りました。

チチカカでは週に一度のペースを目標にリッチメッセージで情報を配信。その際に社内デザイナーに店舗のディスプレイと連動するようにデザインを依頼し、顧客が店舗でもすぐにわかるようにする工夫をしています。

事例:チチカカオンラインショップ

株式会社 再春館製薬

主力商品である基礎化粧品「ドモホルンリンクル」の認知向上のためにLINE公式アカウントの運用をスタートさせました。もともと、電話での「肌のお悩み相談」で顧客の声を商品開発のフィードバックにしていました。2000年代に入り、インターネットの普及により電話からネットへとそのツールも変化していきました。顧客一人ひとりの声を商品開発に反映させる再春館製薬にとって、チャット機能で顧客との双方向コミュニケーションを容易にできるLINE公式アカウントはうってつけのツールだったといえます。

友だち登録しているユーザーは圧倒的に女性が多いため、女性のメッセージ開封率が一番高い休日の夜に一斉配信を行う、また、顧客の購買状況により配信するメッセージの内容を変えるなどメッセージの配信時間や内容にも趣向を凝らし、メッセージのクリック数はメールに比べて最大で17.9倍、商品への引き上げ率は1.38倍、リーチ総数は1.45倍にも向上しました。

事例:株式会社 再春館製薬所

以上のようにLINE公式アカウントの運用は顧客とのコミュケーションをより密接にし、リピーターを増やすという点で大きな効果を上げることが出来ます。LINEは国内に広く浸透し、ユーザーも多いため、操作に関しての説明の手間もいらないことが多いというのも大きなメリットです。

しかし、Twitterや Facebook、InstagramなどのSNSと異なり、その特性上、不特定多数へと情報を発信して新規顧客を獲得するという点では難があります。そのため、友だち登録を促すための広告を掲示、顧客への声かけは欠かすことができません。
店舗であれば、友だち登録でもらえるクーポンを配信するなどして登録を促している店舗も多くありました。

まとめ

スマートフォンを見て笑う男女

若年層のみならず、全ての世代に浸透し始めているLINE。LINEを宣伝広告ツールとして運用するのはよりスタンダードなものとなってゆくのではないでしょうか。LINE公式アカウントが一新したことにより、中小企業や店舗でも利用をしやすくなりました。まだ運用をしていない方は、これを機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

WEBでのお問い合わせはこちら