スマートフォン上に「1」が浮かび上がる

準備できてる?MFI移行を見逃さないで!

スマートフォン上に「1」が浮かび上がる

世の中の急速なスマホ普及を受け、Google はMFI移行を宣言しています。自分でWebサイトを運営している人は、現在のWebサイトの状態を今一度確認しておく必要があります。モバイルユーザーに対するユーザビリティやコンテンツ価値が低下している場合、MFIの適用を受けてWebサイトの評価を大きく落とす恐れもあるのです。来たるMFI移行に備え、おさえておきたい知識とやるべき行動をご紹介します。

まずはMFIについての基礎知識をおさえておこう

スマートフォンで検索をする

GoogleがMFIへの移行準備を進めていることは、SEOに少しでも携わっている人なら聞いたことがあるかもしれません。ユーザーの変化に合わせ、Googleが最適なインターネット環境を提供しようとしている表れともいえるでしょう。

Webサイトを運営している人であれば、MFIについてきちんと対策しておく必要があります。そのためにも、まずはMFIとは何なのか、なぜMFIがWebサイトに適用されようとしているのかといった基礎知識をおさえておきましょう。

そもそもMFIとはなにか

MFIとは、Mobile First Index(モバイルファーストインデックス)の頭文字をとって略した用語です。その名の通り、Googleがインデックスの対象とするページをPC向けからモバイル向けに移行するということを表します。

Googleがインデックスの対象とするURLは1つだけです。つまり、PCとモバイルの両方のURLがあったとしても、モバイル向けのURLが検索順位付けに使用されます。ただし、実際に端末で表示されるWebサイトは、検索端末に合わせたものです。PC端末にはPC向け、モバイル端末にはモバイル向けのWebサイトが表示されます。

Googleのインデックスって何?

インデックスとは、Googleの持つクローラーというロボットがインターネット上のページをデータベース化することです。インデックスされることで、初めてWebサイトがGoogleに認識され、検索結果画面に表示されることになります。

クローラーのインデックスには一定の評価基準があり、ユーザーにとって価値があるとクローラーが判断すれば、そのWebサイトは検索結果画面で上位表示されます。逆にユーザーに対する提供価値やユーザビリティが低いと判断されたWebサイトは低評価をつけられたり、そもそもインデックスされなかったりするのです。そのため、Google検索を行っても検索上位に表示が出ないケースや、そもそも検索結果にあがってこないというケースが出てきます。

どうしてMFIへの移行が行われるようになったのか

依然、インターネットへのアクセスはPC端末が主流。このため、Googleのインデックス対象となるページもPC向けのみでした。たとえユーザーがモバイル端末から検索を行ったとしても、PC向けのWebページが高評価を受けて上位表示されるという状況だったのです。

しかし、スマホの爆発的な普及により、インターネットにアクセスする際にほとんどの人がモバイル端末を使用するようになりました。モバイル端末からのアクセス数がPC端末からのアクセスを追い抜いたことで、以前の状態のままではモバイルから検索した時にユーザビリティを大きく低下させる恐れが出てきたのです。これをうけて、Googleはクローラーの評価対象をモバイル向けサイトメインに切り替えることとしました。

いつ開始されるのか

MFIそのものは2016年11月時点でGoogleによって発表されました。実際に導入されたのは2018年3月であり、すでにMFI移行の準備が整っている一部のサイトにおいて徐々にMFIの適用が始まっています。同年12月時点で、インデックスしたWebサイトの過半数がMFIを適用されたと発表されました。

そして、2020年9月にはすべてのWebサイトがMFIを適用されることが決定しています。まだMFIに備えられていないWebサイトも強制的に対象となるため、注意が必要です。MFIによる何らかの影響を被る可能性がある場合、早急に対策を講じる必要があるでしょう。

MFIが移行されると何が起きるのか

荒い板の上に人のイラストとクエスチョンマーク

MFIが何なのか、どういったことを目的に適用されようとしているのかについては、理解して頂けたのではないでしょうか。ここで多くのWebサイト運営者が気になるのは、MFIがWebサイトの評価にどのように影響するかということでしょう。MFIが適用されることで、現在のWebサイトの評価と検索ランキングはどのような変動を見せるのでしょうか。SEOの観点から解説します。

モバイル向けWebサイトが評価基準に

MFIに移行することで、Googleの評価基準がモバイル向けWebサイトに統一されます。PCユーザーにもモバイルユーザーにも、モバイル向けWebサイトを評価して作られた検索結果一覧が表示されるのです。

表示されるWebサイトの画面はMFI適用以前と変わらなくとも、Googleからの評価が大きく変わり検索順位が大きく上下する場合があります。

検索ランキングが低下するケース

MFIは、クローラーの評価対象となるWebページがモバイル向けに切り替わるだけであり、評価基準が変わるわけではありません。ただし、MFIに移行することで極端にWebサイトのユーザビリティやコンテンツの品質が下がるようであれば、検索ランキングが低下する可能性が出てきます。モバイル対応していないWebサイトでは顕著に変化がみられるでしょう。

例えば、PC向けとモバイル向けのWebサイトを持っている場合、2つの間に明らかなコンテンツ品質の格差があれば、MFIに移行した途端に検索ランキングが低下するでしょう。

ほか、モバイル向けのWebサイトに構造化データがなければ、検索時のリッチスニペット(パンくず)が表示されず、ユーザー流入数がダウンする可能性があります。手間がかかる等の理由で今までモバイル向けWebサイトに手をかけられていなかった場合は注意が必要です。

モバイルのクローラーとPCのクローラーに優劣は無い

今後すべてのWebサイトがMFIに移行するとはいえ、モバイル向けWebサイトを巡回するクローラーの評価とPC向けWebサイトを巡回するクローラーの間で評価に差はありません。

現時点でMFIが適用されていないWebサイトには、従来通りPCのクローラーがコンテンツを確認し、ランキングに反映します。モバイルクローラーの巡回がないからといって低評価を受けるということは無いのです。MFI自体は、SEOのアルゴリズムとの直接的な関連性はありません。

MFI移行はどのように把握すればいいのか

電球を片手に、タブレットを操作する女性。ひらめきのイメージ。

MFIにより、Webサイトの評価が大きく左右される可能性があることは解説した通りです。自分のサイトがMFIに移行しているかどうか、今すぐ確認したいと思った人も多いでしょう。実はMFIの移行はGoogleが配信している無料ツールによって確認ができるのです。ここでは具体的な方法とツールを紹介します。

MFI移行状況はサーチコンソールで把握しよう

自分のサイトがMFIに移行した場合、通常はサーチコンソールから通知が配信されます。通知が確認できない場合でも、サーチコンソール内のURL検査機能や設定画面からも確認が可能です。ほか、モバイルクローラーの巡回とインデックスの大幅な増加でもMFIの移行があったと判断できるでしょう。

サーチコンソールとは何か

サーチコンソールとはGoogleが提供している無料ツールであり、Googleアカウントを取得していれば使用可能です。自分のWebサイトの実績や評価が数値化されるため、いわば現在のWebサイトの健康状態を把握することができます。

通知機能だけでなく、自分がコンテンツの更新を行ったことをクローラー側に知らせる機能や、クロールがサイト内を巡回できなかった際にエラー表示される機能もあり、Webサイト運営には必須のツールだといえるでしょう。

レスポンシブWebデザインならMFIが適用されても大丈夫?

パソコン、スマホ、タブレットのイラスト

レスポンシブWebデザインは、Googleが推奨しているWebサイトの手法です。クローラーが巡回しやすく、評価も統一されるためSEOの観点からも望ましいとされています。MFIの移行にあたっても、レスポンシブWebデザインであれば非常にスムーズでしょう。レスポンシブWebデザインならなぜMFIに有利なのか、そもそもレスポンシブWebデザインとは何かについて解説します。

レスポンシブWebデザインとは?メリット&デメリット

レスポンシブWebデザインとは、1つのURLでPC用とモバイル用の両方のWebサイト表示を兼ねる対応です。Webにアクセスする端末に合わせて、自動的に適切なWeb表示に切り替わります。

CSSが多少複雑化することと、デザインレイアウトに若干の制限が生まれるものの、管理が一本化するためWebサイトのメンテナンスにかかる手間が大幅に減少します。

レスポンシブWebデザインの場合は、新しく対策を行う必要はありません。MFIの移行が行われた後も、同じWebサイトがインデックスされ、クローラーからの評価対象となります。

レスポンシブWebデザインを作るなら

一般的なレスポンシブWebデザインであれば、コードの記述を変更することで制作可能です。HTMLファイルにmeta viewportタグを追加し、さらにCSSファイルでPC向けとスマホ向けでどのように表示を変えるか、指示を記述します。ソースコードに関してある程度の予備知識が必要でしょう。

PC向け・モバイル向けに別々のURLがある場合

PC向けコンテンツしかない場合、MFI移行後も引き続きクローラーの評価対象はPC版向けWebサイトのみとなります。ただし、モバイルユーザーがアクセスした際に最適なレイアウトで表示されるかどうかは確認が必要です。MFI以前に、モバイルファーストの観点からも、モバイルサイトやレスポンシブWebデザインの対応を検討した方が望ましいでしょう。

PC向けとモバイル向けで別々のWebサイトを構えている場合は、MFI移行後モバイル向けのWebサイトがインデックスの対象となるでしょう。このとき、PC向けもモバイル向けも同様のコンテンツとなるように揃えておく必要があります。さらに、モバイル向けに作ったWebサイトにクローラーがちゃんとアクセスできるかどうか確認しておくことも大切です。

MFIへ移行するにはどうしたらいいのか

歩く男性

ここまでMFIの重要性と影響力について解説すれば、多くの人がMFIの具体的な移行方法について知りたいと考えるのではないでしょうか。MFIへの移行は、正しく準備しておけばどのWebサイトもおのずと実行されます。MFIが適用されたとき、おさえるべきポイントをきちんとおさえておけばPC向けWebサイトと同様の正しい評価を受けられるのです。

ここでは、レスポンシブWebデザインではなくPCとモバイル2つのWebサイトを管理している場合を想定した解説をします。「PCユーザーにもモバイルユーザーにも、同じ価値あるコンテンツを提供できるかどうか」という視点を意識しましょう。

モバイルクローラーのアクセスを制限していないか確認する

モバイル向けWebサイトのrobots.txtの設定によっては、モバイルクローラーのアクセスが制限されている可能性があります。まずはモバイルクローラーが問題なくWebサイトを認識できる状態になっているかを確認しましょう。

表示されるコンテンツ量に変化はないか

PCとモバイル両方のWebサイトを構える場合、まず考えるべきはコンテンツ格差を埋めることです。特に、今までPCユーザーのみを対象としてWebサイト運営を行ってきた場合は、PC向けコンテンツが充実しているのに対し、モバイル向けコンテンツがおろそかになっている場合があります。PC向けとモバイル向けで掲載している情報量に差があったり、長期間メンテナンスを行っていなかったりというケースがあるのです。まずは両ページを比較し、同じ内容になるように修正を行いましょう。

クローラー向けのコードチェック

クローラーがモバイル向けWebページを巡回するようになるため、サイトに記述しているソースコードなどのチェックも必要です。クローラーがコンテンツの内容を理解しやすくなるようにブラッシュアップしましょう。

noindexやnofollowなどのメタタグをつけていると、GoogleのクローラーがWebサイトのリンクを辿ってくれません。現時点で設定している場合は解除しましょう。ほか、canonicalタグ、構造化データなどを適切に使用すればGoogleからの評価を高めることに繋がります。

これらはユーザー向けの設定ではなく、表には出てこないからこそ見落としがちなポイントです。PC向けWebサイトに記述したコードはモバイル向けWebサイトでも揃えて記述するべきだと覚えておきましょう。

レイアウトの差異に注意

PC端末とモバイル端末では、表示される領域が大きく異なります。PC向けに作られたレイアウトではほとんどの場合、デザイン崩れが起きるでしょう。モバイル向け表示ではレイアウトを分割したり、コンテンツ表示を折りたためるアコーディオンを活用したりしてユーザビリティを高めましょう。特にアコーディオンは、スクロールやタップにより操作するスマートフォンでの表示に対して有効です。

内部リンクの整備を行う

PC向けWebサイトでは内部リンクが繋がっているにもかかわらず、モバイル向けWebサイトでは内部リンクが切れているという状態になっている箇所がないかを確認しましょう。ユーザーがサイト内を回りにくくなるだけでなく、モバイルクローラーが正しくWebサイトを認識できなくなる可能性があります。

まとめ

スマートフォンで検索をする

MFIについてきちんと理解しておけば、モバイルユーザーに対してより高い価値あるコンテンツを提供できるようになります。Googleからの評価を高めることができるため、SEOの観点からも優位です。MFIの移行によってWebサイトがマイナスな影響を受けないよう、十分に備えておきましょう。

WEBでのお問い合わせはこちら